Special Report

野菜を積極的に販売するカフェ風薬局

2021年2月号
野菜を積極的に販売するカフェ風薬局の画像

都内に野菜を売りにしたカフェ風の薬局がある。そんな噂を耳にして、ファーマスタイルは薬局ランタン千歳烏山店を取材した。

野菜だらけの店頭

噂どおり店頭は野菜だらけ。大根、にんじん、白菜、ゆず、なす、小松菜、ラディッシュなど、ところ狭しと野菜が並んでいる。その数38種類。野菜の横には、看板に全国の処方せん承りますと書かれているが、その上には吹き出しで「魚醤あります」「オムツ交換できます」「電源あります」。そして、薬局名のランタンが店の前を灯している。ちょっと盛り込み過ぎて何が何だかわからない。
店内に入ると、屋根型の木の柱で落ち着いた雰囲気。玄米や有機野菜などの健康食品やサプリメントが陳列されている。この辺りに力を入れている調剤薬局は最近多いと思われるが、何やらこだわりがありそうな感じ。向かいには、コの字型のミニテーブルと長椅子が設置されている。

薬局ランタン千歳烏山店の店頭

薬局ランタン千歳烏山店の店頭。大根の主張が激しい。右手の看板には「魚醤あります」「オムツ交換できます」「電源あります」の文字。左上にはランタン。

カフェのような調剤薬局

この薬局をデザインした田辺薬品代表の田辺正道氏に話を聞いてみた。コンセプトは「カラダとココロの心配ごとをやさしく取り除いてくれる、カフェのような調剤薬局」だそうだ。たしかに、内装は薬局というよりカフェのような趣きがある。BGMも聞こえてくる。田辺氏曰く、来局者が滞在しやすい雰囲気を心がけ、カフェ風の音楽を流したり、近隣のカフェでテイクアウトしたコーヒーを飲めるようなスペースを設けたという。

薬局ランタン千歳烏山店の店内

店内風景。屋根型の木の柱に、右手には健康食品やサプリメントの陳列棚。中央と左手には椅子とミニテーブル。全体的に落ち着いた雰囲気で、最奥の調剤室の蛍光灯が少し異質に感じる。

この記事の関連キーワード

この記事の冊子

特集

【緑内障の最新情報】点眼薬の第一選択と禁忌、副作用を網羅

緑内障のメカニズムや治療に関する内容です。慢性疾患を発症した場合の禁忌薬、点眼指導のポイントなど薬剤師として明日から役立つ情報となっています。

緑内障を理解し失明を防ぐ-眼圧メカニズムから禁忌の最新情報まで-の画像
Special Report

選ばれる薬局づくり、コンセプトはランタンの灯り

カフェ風薬局、ランタン千歳鳥山店を考案・デザインした田辺正道氏へのインタビュー記事です。服薬指導やコミュニケーションツールを工夫し、患者との距離感を大切にする調剤薬局が掲載されています。

野菜を積極的に販売するカフェ風薬局の画像
Early Bird

新型コロナウイルスの気になる情報を一挙公開

日本と海外の状況を比較しつつ、2021年1月31日時点での情報を公開しました。後遺症や変異株についての疑問、ワクチンの安全性や供給数、副反応などを一問一答式で回答します。

新型コロナウイルス一問一答 続編の画像
カフェ

ファーマスタイル編集部がお届けするカフェMENUVol.8「加湿器」

風邪やインフルエンザなどへの感染予防対策として利用する「加湿器」に関する情報です。加湿器の衛生管理不足による疾患や感染者数のデータが掲載されています。

ファーマスタイル編集部がお届けするカフェMENUVol.8「加湿器」の画像
keyword

医薬品の安定確保へ、医薬品供給調整スキーム導入

日本製薬団体連合会(日薬連)と厚生労働省が連携し、13成分に対して医薬品供給調整スキームを発動。大規模な供給不安の混乱を防ぐために、発生時の手順とフェーズ別の対応方向性を提示しました。

医薬品の安定確保へ、医薬品供給調整スキーム導入の画像
Medical Diagram

ウイルス学研究「コロナウイルスと新型コロナウイルス」の二面性

ウイルスを学問から解説。歴史からコロナウイルスを分析し、ウイルスと他の生物の「共進化」について考察しています。生物にとってウイルスが命を奪うものなのか、それとも発達に寄与するのか、実験結果より言及した内容です。

ウイルス学研究「コロナウイルスと新型コロナウイルス」の二面性の画像

人気記事ランキング