Early Bird

【医療情報Q&A】新型コロナウイルスのニュースを網羅

2022年2月号

Q1. オミクロン株の変異は?

オミクロン株は、スパイクタンパク質全体で約30個、受容体結合部位に6~8個の変異が集積している(デルタ株では2個)といわれる。デルタ株の次に流行したためにデルタ株の進化系と誤解されることがあるが、デルタ株とは別のルーツの変異株。

Q2. オミクロン株はなぜ感染しやすい?

変異部位の多さは既存ワクチンの効力に影響する。従来株やデルタ株では既存ワクチンが中和抗体の機能を果たしていたが、オミクロン株では、スパイクタンパクの変異が多いために、既存ワクチンの抗体がSARS-CoV-2のスパイクタンパクと宿主細胞の受容体結合を防ぐことができず、体内の細胞感染が広がると考えられている。

Q3. オミクロン株ではなぜ重症例が少ない?

肺の細胞でウイルスが増えにくい性質があり、下気道炎(肺炎)を発症しにくいとされる。デルタ株とオミクロン株を比較した研究では、鼻腔の細胞ではオミクロン株が増加しやすく、肺の細胞ではデルタ株のほうが増えやすいことが報告されている。ただし、感染力が非常に強力なため、高齢者や基礎疾患保有者が感染し、重症患者が増大するリスクはある。

Q4. オミクロン株に対し既存のワクチンの効果は?

英国の研究で、オミクロン株の発症予防効果は、ファイザーのワクチン2回目接種後5~6か月では36.6%、3回目を接種すると2週後で75.5%に上昇するとの報告がある。

Q5. ワクチンで3回目の接種ができるのは?

2022年1月現在、

この記事の関連キーワード

この記事の冊子

特集

疾患別に考察「対人業務の充実に向けた薬薬連携の課題」

改正薬機法に基づき、オンライン服薬指導や調剤後のフォローアップ義務化など薬局のあり方を説明しています。日本だけでなく海外における連携体制の現状も分かる内容です。

疾患別に考察「対人業務の充実に向けた薬薬連携の課題」の画像
special Interview

2022年度調剤報酬改定「患者のための薬局ビジョンの実現」

改定の基本的な視点を踏まえ、「専門性や個性」を追及した新たな薬局の機能について狭間研至氏が解説。さらに経営視点から薬剤師のスキルアップに向けた取組を提案しています。

2022年度調剤報酬改定「患者のための薬局ビジョンの実現」の画像
カフェ

「花粉症と食物アレルギー」 ファーマスタイルカフェVol.11

lgE依存性の花粉-食物アレルギー症候群(PFAS)に関する話題です。疾患の原因や主な症状を含め、花粉の種類と関連する食物例が掲載されています。

「花粉症と食物アレルギー」 ファーマスタイルカフェVol.11の画像
Early Bird

【医療情報Q&A】新型コロナウイルスのニュースを網羅

現場で役立つ医療情報をQ&A形式で掲載。オミクロン株の特徴や国内のワクチン状況、治療薬の使い分けなど新型コロナウイルスの最新情報(2022年2月1日時点)が網羅できます。

【医療情報Q&A】新型コロナウイルスのニュースを網羅の画像
P-Co相談室

【服薬指導の相談事例】がん治療中で来局歴が短い患者さん

がん治療に対する支持療法として投薬中で来局歴の短い患者さんに対する服薬指導の相談です。がん種を含め、現在の治療状況を把握するためのアプローチ方法が分かる内容です。

【服薬指導の相談事例】がん治療中で来局歴が短い患者さんの画像
特集クイズ

疾患別に考察「対人業務の充実に向けた薬薬連携の課題」|答えて学ぼう特集クイズ

特集「疾患別に考察「対人業務の充実に向けた薬薬連携の課題」」について正しく理解できていますか?クイズで確認してみましょう。

疾患別に考察「対人業務の充実に向けた薬薬連携の課題」|答えて学ぼう特集クイズの画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング