生薬百花

コガネバナ|生薬と漢方処方

2019年7月号
コガネバナの画像

コガネバナ Scutellaria baicalensis

成分 フラボノイド:バイカリン、バイカレイン、オウゴニン、オウゴノシド
効能 解熱、鎮静、降圧、止血、止瀉、安胎作用 など
配合処方 黄芩湯、(おうごんとう)、小柴胡湯(しょうさいことう)、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、黄連阿膠湯(おうれんあきょうとう)、葛根黄連黄芩湯(かっこんおうれんおうごんとう)など

花は青でもコガネバナ江戸期に朝鮮から渡来

コガネバナは東シベリア、モンゴル、中国北東・ 北西部などの涼しい草地で育ちます。草丈は30 ~60cm。7~9月頃にかけて青紫色の細長い唇形 花を咲かせます。茎は四角、葉は針形で対生し、そ の見た目からシソ科の植物だと分かります。花は 青紫色なのにコガネバナという名前を不思議に思 う人がいるかもしれませんが、根の断面が黄色い ことからその名がつけられました。徳川幕府の八 代将軍吉宗が小石川療養所(現小石川植物園)を開 設した享保年間(1716-1736年)に朝鮮から種を 取り寄せたという記録が残っています。徳川吉宗は生薬の国産化を進めた人です。

黄色い生薬グループ 味は苦く性味は「寒」

皮を剥む いた乾燥根は生薬の「黄芩(おうごん)」として用いま す。黄色い生薬の仲間を思い出してください。黄連(おうれん)、黄柏(おうばく)、山梔子(さんしし) 、大黄(だいおう)、どれも苦くて個性的です。
黄芩は、オウゴニンやバイカレインなどのフラボノイドを含み、利胆、抗アレルギー、鎮静作用などが知られています。単味で用いることはありま せん。黄色い生薬には共通性が見られ、みな味が 苦く、漢方で薬効の性質を表す性味は「寒」です。…

この記事の関連キーワード

この記事の関連記事

人気記事ランキング