keyword

医薬品の安定確保へ、医薬品供給調整スキーム導入

2021年2月号
医薬品の安定供給の画像

日薬連による「医薬品供給調整スキーム」

2019年に発生した抗菌薬「セファゾリンナトリウム」の供給不安事例や、2020年以降の新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、2020年2月に日本製薬団体連合会(日薬連)が策定した。医療用医薬品の供給不安発生時における供給調整を行い、厚労省と連携してあらかじめ定めた手順に基づいて対応策を推進する。市場シェア(数量ベース)で30%以上(コロナ特別運用では20%以上)の医療用医薬品が1ヵ月以上欠品するケースに同スキームを適用する。
2020年12月、経口抗真菌剤『イトラコナゾール錠 50「MEEK」』(製造販売元:小林化工株式会社)にベンゾジアゼピン系睡眠剤「リルマザホン塩酸塩水和物」が混入、自主回収となった件を発端に、同社関連製品の自主回収や出荷停止が相次ぎ、日薬連が13成分に対して初めて同スキームを発動した。
【対象】
アトルバスタチンカルシウム水和物、リドカイン塩酸塩、オロパタジン塩酸塩、クロピドグレル硫酸塩、ナファモスタットメシル酸塩、テモゾロミド、バルプロ酸ナトリウム、バンコマイシン塩酸塩、アシクロビル、ファムシクロビル、フェキソフェナジン塩酸塩、メサラジン、プランルカスト水和物

◼︎医薬品供給調整スキームの手順
STEP.1で直ちに十分な供給が実現しなかった場合、STEP.2へ進む
【STEP.1】
日薬連は、供給調整が必要との連絡をメーカーから受けると、「供給調整チーム」の招集を決定。供給不安が発生したメーカーをチームリーダーとし、当該医薬品の同一成分薬及び代替薬を持つメーカー等で結成される。供給調整チームは、当該医薬品・同一成分薬・代替薬の在庫量の評価、出荷調整や増産の検討等を行い、厚労省医政局経済課とも綿密な連携を図って対応にあたる。
【STEP.2】
経済課は、医療機関へ当該医薬品使用の適正化を促し、治療の中断等の重大事案の発生が懸念される場合は厚労省へ連絡するよう事務連絡を発出する。経済課を通して重大事案の報告を受けると、供給調整チームは当該医療機関への供給調整の実施等を行う。

厚労省による
医薬品の安定確保を図るための取組


この記事の関連キーワード

この記事の冊子

特集

【緑内障の最新情報】点眼薬の第一選択と禁忌、副作用を網羅

緑内障のメカニズムや治療に関する内容です。慢性疾患を発症した場合の禁忌薬、点眼指導のポイントなど薬剤師として明日から役立つ情報となっています。

緑内障を理解し失明を防ぐ-眼圧メカニズムから禁忌の最新情報まで-の画像
Special Report

選ばれる薬局づくり、コンセプトはランタンの灯り

カフェ風薬局、ランタン千歳鳥山店を考案・デザインした田辺正道氏へのインタビュー記事です。服薬指導やコミュニケーションツールを工夫し、患者との距離感を大切にする調剤薬局が掲載されています。

野菜を積極的に販売するカフェ風薬局の画像
Early Bird

新型コロナウイルスの気になる情報を一挙公開

日本と海外の状況を比較しつつ、2021年1月31日時点での情報を公開しました。後遺症や変異株についての疑問、ワクチンの安全性や供給数、副反応などを一問一答式で回答します。

新型コロナウイルス一問一答 続編の画像
カフェ

ファーマスタイル編集部がお届けするカフェMENUVol.8「加湿器」

風邪やインフルエンザなどへの感染予防対策として利用する「加湿器」に関する情報です。加湿器の衛生管理不足による疾患や感染者数のデータが掲載されています。

ファーマスタイル編集部がお届けするカフェMENUVol.8「加湿器」の画像
keyword

医薬品の安定確保へ、医薬品供給調整スキーム導入

日本製薬団体連合会(日薬連)と厚生労働省が連携し、13成分に対して医薬品供給調整スキームを発動。大規模な供給不安の混乱を防ぐために、発生時の手順とフェーズ別の対応方向性を提示しました。

医薬品の安定確保へ、医薬品供給調整スキーム導入の画像
Medical Diagram

ウイルス学研究「コロナウイルスと新型コロナウイルス」の二面性

ウイルスを学問から解説。歴史からコロナウイルスを分析し、ウイルスと他の生物の「共進化」について考察しています。生物にとってウイルスが命を奪うものなのか、それとも発達に寄与するのか、実験結果より言及した内容です。

ウイルス学研究「コロナウイルスと新型コロナウイルス」の二面性の画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング