keyword

明日から使える知識、抗ヒスタミン薬が奏功しない「かゆみ」

2021年1月号
かゆみの画像

冬は、乾燥した外気や皮脂の欠乏、発汗の低下といった環境要因から、掻痒の症状が増悪しやすい時期だ。人間は様々な場面でかゆみを感じる。虫や花粉などの外部刺激物質によるかゆみのほか、皮膚疾患としてかゆみを感じやすいのはアトピー性皮膚炎。疾患ごとにかゆみの強さをスコア化した研究では、最大限にかゆい状態を10とした時、アトピー性皮膚炎は6.2、蕁麻疹は6.8、尋常性乾癬は3.9、白癬は2.3という結果だった。一方で、全身に痒みを生じる汎発性皮膚瘙痒症は、腎不全や肝障害、血液疾患をはじめとする種々の基礎疾患に伴うことが多い。

かゆみに対する治療の成分としては、虫刺されなどに含まれる局所麻酔やメントールがある。また、かゆみの原因物質の代表としてヒスタミンが知られており、毎日全国の病院や薬局でかゆみに対し抗ヒスタミン薬が処方されている。しかし、抗ヒスタミン薬が奏功しにくいかゆみはとても多いといわれる。

オピオイド受容体のバランスを是正するナルフラフィンは、世界初の選択的オピオイドκ受容体作動薬として血液透析患者の著しい掻痒症状の抑制に貢献している。また最近では、温泉水に生息するアクアドロミアエという細菌の抽出エキスが、プロテアーゼ活性化受容体(PAR)-2の阻害や胸腺間質性リンパ球…

この記事の関連キーワード

この記事の冊子

特集

緊急避妊薬の正しい知識と服薬指導

2020年4月からオンライン診療で緊急避妊薬の処方が可能となったことを契機に、2021年のOTC化実現に向け議論が再燃しています。世界的に普及している緊急避妊法が、日本で導入されるまでに歳月を要した理由はどこにあるのでしょうか。今回は避妊の手段や処方、薬の作用機序から副作用、オンライン診療における対応まで、服薬指導の実務に役立つ情報が網羅されています。

避妊はピル、性感染症予防はコンドーム。の画像
Medical Diagram

新型コロナウイルスが増殖する仕組みとは

猛威をふるう新型コロナウイルスが細胞内に侵入する経緯は、他のウイルスと同じなのでしょうか。 新型コロナウイルスとその他のウイルスを比較し、増殖する仕組みをわかりやすく解説します。 今後の治療薬やワクチンに関する情報を読み解く上で、薬剤師として知っておきたい内容です。

新型コロナウイルスが増殖する仕組みとはの画像
Special Report

薬局長が伝授する、身近な漢方と気軽に使える漢方

埼玉県の調剤薬局で薬局長を務める沖原雄さんの漢方講座を取材した記事です。漢方医学から身近な漢方まで、薬局で漢方を勧めるメリットを紹介しています。患者とのコミュニケーションで悩む薬剤師やこれから積極的に漢方の知識を学びたい方に、おすすめの情報が満載です。

漢方を気軽に 取り入れる 身近な漢方講座の画像
keyword

明日から使える知識、抗ヒスタミン薬が奏功しない「かゆみ」

かゆみは近年、新たな治療法が期待されている分野です。疾患ごとにかゆみの強さをスコア化した研究や、かゆみを抑制する研究などが進んでいます。かゆみや痛みを感知する、自由神経終末の伝達速度は、ミニ知識としても参考になります。

明日から使える知識、抗ヒスタミン薬が奏功しない「かゆみ」の画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング