Medical Diagram

新型コロナウイルスが増殖する仕組みとは

2021年1月号
新型コロナウイルスの細胞侵入の法則の画像

細胞の機能を利用する新型コロナウイルスの巧みな戦術

新型コロナウイルスは、正式名称をsevere acute respiratory syndrome coronavirus 2(SARS-CoV-2) といい、コロナウイルス科に属しています。ヒトに感染するコロナウイルスは、これまでに6種類が知られており、そのうちの4種類はかぜ症候群を引き起こすウイルスです。残りの2種類は重大な病気をもたらすもので、1つは重症急性呼吸器症候群(SARS)を起こすSARS-CoV-1、もう1つは中東呼吸器症候群(MERS)を起こすMERS-CoVです。新型コロナウイルスは、ヒトに感染する7種類目となります。
新型コロナウイルスは、エンベロープという脂質二重膜で覆われ、その表面からスパイクタンパク質が突き出た格好をしており、内部にはカプシドというタンパク質に包まれたリボ核酸(RNA)が存在します。
ウイルスは、自分だけでは増えることができず、細胞に侵入して増殖します。新型コロナウイルスは、表面に突き出たスパイクタンパク質が、私たちの細胞の表面にあるアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)受容体に結合することで侵入を開始します。ACE2はアンジオテンシン変換酵素(ACE)とともに血圧の調節にかかわる酵素で、ACE2は血管拡張、ACEは血管収縮という作用を持っており、私たちの体のなかで重要な働きを担っています。
細胞内に侵入した新型コロナウイルスは、細胞の作用でエンドソームという小胞のなかに閉じ込められます。これは細胞が外部から栄養分子や情報分子を取り込むための仕組みと同じで、「エンドサイトーシス」と呼ばれます。新型コロナウイルスは、他のウイルスと同様に、細胞が機能するために必要な仕組みを利用…

この記事の冊子

特集

緊急避妊薬の正しい知識と服薬指導

2020年4月からオンライン診療で緊急避妊薬の処方が可能となったことを契機に、2021年のOTC化実現に向け議論が再燃しています。世界的に普及している緊急避妊法が、日本で導入されるまでに歳月を要した理由はどこにあるのでしょうか。今回は避妊の手段や処方、薬の作用機序から副作用、オンライン診療における対応まで、服薬指導の実務に役立つ情報が網羅されています。

避妊はピル、性感染症予防はコンドーム。の画像
Medical Diagram

新型コロナウイルスが増殖する仕組みとは

猛威をふるう新型コロナウイルスが細胞内に侵入する経緯は、他のウイルスと同じなのでしょうか。 新型コロナウイルスとその他のウイルスを比較し、増殖する仕組みをわかりやすく解説します。 今後の治療薬やワクチンに関する情報を読み解く上で、薬剤師として知っておきたい内容です。

新型コロナウイルスが増殖する仕組みとはの画像
Special Report

薬局長が伝授する、身近な漢方と気軽に使える漢方

埼玉県の調剤薬局で薬局長を務める沖原雄さんの漢方講座を取材した記事です。漢方医学から身近な漢方まで、薬局で漢方を勧めるメリットを紹介しています。患者とのコミュニケーションで悩む薬剤師やこれから積極的に漢方の知識を学びたい方に、おすすめの情報が満載です。

漢方を気軽に 取り入れる 身近な漢方講座の画像
keyword

明日から使える知識、抗ヒスタミン薬が奏功しない「かゆみ」

かゆみは近年、新たな治療法が期待されている分野です。疾患ごとにかゆみの強さをスコア化した研究や、かゆみを抑制する研究などが進んでいます。かゆみや痛みを感知する、自由神経終末の伝達速度は、ミニ知識としても参考になります。

明日から使える知識、抗ヒスタミン薬が奏功しない「かゆみ」の画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング