薬剤師トップ  〉 ファーマスタイル  〉 知識  〉 Medical Diagram  〉 AIの法則
Medical Diagram

AIの法則

2017年3月号
AIの法則の画像

診断・治療方針をAIの助言を受けて行う時代に

AI(Artificial Intelligence:人工知能)という言葉をテレビや新聞で目にすることが多くなりました。AIとは、言語の理解や推論、問題解決などの知的行動を人間に代わってコンピュータに行わせる技術のこと。その進化をまざまざと見せつけたのが、2016年3月、米グーグルの研究部門Google DeepMindの開発による囲碁AI「AlphaGo(アルファ碁)」が、国際棋戦で何度も優勝している韓国のイ・セドル氏を4勝1敗で圧勝したときです。1997年に米IBMのスーパーコンピュータがチェス王者を下していましたが、囲碁は一手ごとに状況や形勢が変わるため、どの手を打てば有利になるか判断が難しく、AIが人間に勝てるのは10~20年先と見られていました。
それを可能にしたのが、機械学習の新しい手法である「深層学習(ディープラーニング)」です。従来のAIは人があらかじめ分析方法を決めていましたが、深層学習は生データを入力すると人間の脳の働きに近いかたちで学習を重ね、コンピュータ自らが特徴を突き止めます。「AlphaGo」のソフトウェアには囲碁のルールすら組み込まれておらず、過去の棋譜の入力と、囲碁AI同士との対局で得られた学習だけで、世界最強と称される棋士を破ったのです。
深層学習とは異なる、従来型の機械学習を利用したシステムの代表例が米IBMのAI「Watson」で、IBMはこうしたシステムを“自然言語を理解・学習し、人間の意思決定を支援

この記事の関連キーワード

この記事の冊子

専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

【逆流性食道炎】メカニズムを正しく理解しPPIを使いこなす

胃から食道への酸逆流が引き金となって発症する逆流性食道炎は良性疾患だが、胸やけ、呑酸症状は患者のQOLを著しく低下させる。今回は、日本医科大学大学院 医学研究科 消化器内科学 大学院教授の岩切勝彦氏に逆流性食道炎の原因、薬物療法、生活指導などについて解説していただいた。

【逆流性食道炎】メカニズムを正しく理解しPPIを使いこなすの画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

【逆流性食道炎】意外に多い相互作用と重複投与 薬剤師のチェック機能に期待

逆流性食道炎について、今回は、日本医科大学付属病院 薬剤部の林 太祐氏に、治療に用いられるプロトンポンプ阻害薬(PPI)と他薬剤の相互作用、薬物療法を行っている患者への指導法などについて聞いた。

【逆流性食道炎】意外に多い相互作用と重複投与  薬剤師のチェック機能に期待の画像
ここに注目!知っているようで知らない疾患のガイセツ

帯状疱疹後神経痛

ピリピリした痛みに続いて現れる皮疹が特徴的な帯状疱疹。時間経過とともに多くは回復していきますが、皮膚症状が治癒しても痛みが残ることがあります。痛みの治療に詳しい日本大学病院麻酔科教授の佐伯茂氏に帯状疱疹後神経痛の治療を中心に解説していただきました。

帯状疱疹後神経痛の画像
薬剤師の栄養サポート

ダイエット中の栄養指導

太ってしまう理由は、消費エネルギーよりも摂取エネルギーが多いから。健康的で効果的なダイエットを目指すなら運動などで体の活動量を増やし、食事から摂取する総エネルギー量を減らすことが大切です。

ダイエット中の栄養指導の画像
Medical Diagram

AIの法則

AIの導入は誤診防止や診断の迅速化にもつながり、患者は少なからぬ恩恵を得ることでしょう。ただ、本格的にAIが活用されるようになると、診断や治療法をどこまでAIに委ねるか、という議論が起こることも予想されます。

AIの法則の画像
英語で服薬指導

英語で服薬指導 「こちらは花粉症のお薬です」

外国の患者さんが来局した際に知っておきたい基本的な会話を紹介する本シリーズ。今回はOTC薬(抗アレルギー薬)について。「こちらは花粉症のお薬です。」これを英語で言うと!?

英語で服薬指導 「こちらは花粉症のお薬です」の画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング