薬剤師トップ  〉 ファーマスタイル  〉 クイズ  〉 エキスパートクイズ  〉 てんかん|答えて学ぼうエキスパートクイズ
エキスパートクイズ

てんかん|答えて学ぼうエキスパートクイズ

2019年2月号
てんかん|答えて学ぼうエキスパートクイズの画像

part.1 てんかんを読んで、正しく理解できたかチエックしてみましょう!

Q1 以下の文章の( )に当てはまる用語を答えよ

新規発症部分発作に対する第一選択薬は、カルバマゼピン、ラモトリギン、(❶)、(❷)、トピラマートが推奨されている。カルバマゼピンはNa+チャネル遮断作用によって、興奮性伝達を抑える薬剤であり、ラモトリギンは(❸)、(❷)は(❸)と電位依存性Ca2+チャネルを抑制する。 (❶)は主に神経終末の小胞タンパク質2A(SV2A)に作用し、神経伝達物質の放出を抑制する働きがある。

Q1の答え 表示

新規発症部分発作に対する第一選択薬は、カルバマゼピン、ラモトリギン、(❶ レベチラセタム)、(❷ ゾニサミド)、トピラマートが推奨されている。カルバマゼピンはNa+チャネル遮断作用によって、興奮性伝達を抑える薬剤であり、ラモトリギンは(❸ 電位依存性Na+チャネル)、 (❷ ゾニサミド)は(❸ 電位依存性Na+チャネル)と電位依存性Ca2+チャネルを抑制する。 (❶ レベチラセタム)は主に神経終末の小胞タンパク質2A(SV2A)に作用し、神経伝達物質の放出を抑制する働きがある。

part.2 てんかんを読んで、正しく理解できたかチエックしてみましょう!

Q2 以下の文章の( )に当てはまる用語を答えよ

抗てんかん薬の副作用は、各薬剤で、アレルギー機序が関与する(❶)による(❷)、(❸)の(❹)、長期服用時にみられる慢性期副作用に大別される。 (❷)では(❺)が代表的であり、まれだが重篤なものとしてStevens-Johnson症候群、薬剤性過敏症症候群などがある。 (❹)には、めまい、眼振、複視、(❻)、嘔気、食欲低下などが多く、これらは用量依存的に頻度が増加する。長期服用によるものとしては、体重増加、(❼)、尿路結石などがある。

この記事の冊子

特集

小児の薬物療法に光を当てる

小児の薬物療法の整理と、薬剤師の果たすべき役割とは

小児の薬物療法に光を当てるの画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

てんかんpart.1 2018年版ガイドラインと作用機序による薬剤選択のポイント

全人口の約1%が罹患しているともされ、患者数の多い慢性の脳疾患であるてんかん。薬物療法を中心とした、治療法と服薬指導のポイントを解説いたします。

てんかんPart.1 2018年版ガイドラインと作用機序による薬剤選択のポイントの画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

てんかんPart.2 患者の長期のQOLを支えるため話しやすい環境づくり

全人口の約1%が罹患しているともされ、患者数の多い慢性の脳疾患であるてんかん。薬物療法を中心とした、治療法と服薬指導のポイントを解説いたします。

てんかんPart.2 患者の長期のQOLを支えるため話しやすい環境づくりの画像
エキスパートクイズ

てんかん|答えて学ぼうエキスパートクイズ

「てんかん」について正しく理解できていますか?クイズで確認してみましょう。

てんかん|答えて学ぼうエキスパートクイズの画像
本田先生のHealthy Days

葉酸とプレコンセプションケア

女性の健康などをテーマに語るHealthy Days 今回はプレコンセプションケアについてです。葉酸とプレコンセプションケア重要性とは?

葉酸とプレコンセプションケアの画像
ここに注目!知っているようで知らない疾患のガイセツ

感染性胃腸炎(ノロ・ロタウィルス)

秋口から春にかけて感染性胃腸炎の原因となることが多いノロウイルスとロタウイルス。その特徴や感染対策について解説いたします。

感染性胃腸炎(ノロ・ロタウィルス)の画像
Medical Diagram

魚食のベネフィット&リスクの法則

世界的に和食のよさが注目されている中、日本では魚食離れが起こっています。魚食のベネフィットとリスクとは?

魚食のベネフィット&リスクの法則の画像
特集

発達段階に応じた服薬指導のポイント

医療を受ける子ども達に対し、発達段階に合わせて薬剤師が上手にかかわるポイントを解説します。

発達段階に応じた服薬指導のポイントの画像

この記事の関連記事

薬歴の達人

人気記事ランキング