特集クイズ

分子標的薬と 殺細胞性抗がん薬の 違いと作用機序|答えて学ぼう特集クイズ

2022年1月号
特集Quiz

がん薬物療法「分子標的薬と殺細胞性抗がん薬の違いと作用機序」を読んで、正しく理解できたかチエックしてみましょう!

Q1 次の説明の空欄の組み合わせで正しいものは?

分子標的薬は細胞外に作用する(①)と細胞内に作用する(②)に分かれる。分子標的薬には、がん細胞だけでなく血管内皮細胞を標的にする(③)などや、(④)を標的にするニボルマブなどもある。

  • ①抗体薬 ②小分子薬 ③ベバシズマブ ④T細胞
  • ①抗体薬 ②小分子薬 ③セツキシマブ ④T細胞
  • ①小分子薬 ②抗体薬 ③ベバシズマブ ④B細胞
  • ①小分子薬 ②抗体薬 ③セツキシマブ ④B細胞
Q1の答え 表示
  • ①抗体薬 ②小分子薬 ③ベバシズマブ ④T細胞)

解説

セツキシマブは、がん細胞の上皮成長因子受容体に結合する抗体薬。ニボルマブは、T細胞のPD-1に結合し、癌細胞のPD-L1との結合を阻害する。

がん薬物療法「分子標的薬と殺細胞性抗がん薬の違いと作用機序」を読んで、正しく理解できたかチエックしてみましょう!

Q2 次の薬剤のうち、チロシンキナーゼ阻害薬ではないものを選んでください。

  • アキシチニブ
  • ゲフィチニブ
  • トラスツズマブ
  • エルロチニブ

この記事の関連キーワード

この記事の関連記事

人気記事ランキング