専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

脂質異常症Part.2 生活習慣病の改善に、多職種連携が必要な理由

2018年3月号
脂質異常症 Part2 生活習慣病の治療は多職種との連携が重要の画像
脂質異常症は動脈硬化の主要な原因の1つであり、冠動脈疾患の重要なリスクファクターである。血清脂質の中でもLDLコレステロールを中心に世界中で研究が進められている。2017年6月、「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版」(日本動脈硬化学会)が5年ぶりに改訂され、家族性高コレステロール血症など高リスクで厳格なコントロールが必要な病態を呈する患者の治療のあり方がより詳細に示された。

Part.2 生活習慣病の治療は多職種との連携が重要

糖尿病などの生活習慣病 基礎疾患の治療で脂質異常が改善

脂質異常症は他の生活習慣病に合併したり、併存することが多い。特に高齢患者では複数の疾患をもっていることが珍しくないため、処方される治療薬の数も多くなり、ポリファーマシー(多剤併用)に対する注意が必要になる。
帝京大学医学部附属病院薬剤部の岩下智子氏は、総合内科病棟で生活習慣病、内分泌・代謝疾患、感染症などの患者の服薬指導を担当した経験があり、特に糖尿病患者に脂質異常症が合併する例が多かったと振り返る。糖尿病はインスリンの作用不足によって起こるが、同時に脂質代謝にも悪影響を及ぼすことが知られている。「脂質異常症のコントロールには服薬アドヒアランスの向上・維持のみならず、基礎疾患や合併症の改善が重要」と指摘する。ほかに、甲状腺機能低下症やネフローゼ症候群も脂質異常症を起こしやすく、これらの疾患の治療によって脂質異常症は改善する。
岩下氏によると、患者には糖尿病治療薬より脂質異常症治療薬のほうが受け入れやすいという。「糖尿病治療薬に関しては低血糖に対する恐怖感や、注射への抵抗感が障壁になっていると思われます。それに対して、脂質異常症治療薬はほとんどが内服投与で、比較的副作用が少なく、投薬による効果が現れやすいので、患者さんの治療への意欲が高まります」。
主要な脂質異常症治療薬の1つ、HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の重大な副作用として横紋筋融解症が知られている。横紋筋融解症は骨格筋の細胞が壊れて、倦怠感や筋肉の痛み、手足のしびれ、こわばりなどの症状が現れる。赤褐色の尿がみられることもある。横紋筋融解症の発症頻度は0.02〜0.03%と低いが、スタチンとフィブラート系薬との併用では注意が必要だ。スタチンとシクロスポリン、スタチンとマクロライド系抗菌薬・アゾール系抗真菌薬、スタチンとCa拮抗薬の併用にも同様に注意が必要となってくる。また高齢者や肝・腎機能低下症患者で起こりやすい。フィブラート系薬の副作用には消化器症状や発疹・掻痒など皮膚症状が多い。プロブコールは消化器症状や皮膚症状が多く、重大な副作用ではQT延長に伴う心室性不整脈などがある。陰イオン交換樹脂(レジン)は便秘、腹部膨満、肝障害、CK上昇などの副作用が報告されている。発生頻度の低い副作用を服薬指導で強調しすぎると、患者のアドヒアランスに影響することもある。岩下氏は「『ごくまれに副作用が出ることがありますが、それほど心配することはありません』と、一言添えるように心がけています」という。

薬剤性の脂質異常に注意 服薬指導の際に禁煙指導も意識

薬剤の中には脂質代謝に影響を及ぼすものもある。その代表がステロイド薬で、膠原病やネフローゼ症候群などに使われることが多い。ステロイド薬は長期的な服用が必要となる場合が多く、糖・脂質代謝に影響を及ぼす。ステロイド薬の作用によって高LDL-C、高トリグリセライドなどの脂質代謝異常が引き起こされる。
脂…

この記事の冊子

特集

大腸がん発見による内視鏡の役割とは

厚生労働省の人口動態統計によれば、日本の大腸がん死亡数は増加し続けおり、その対策が急がれています。そんな大腸がんの早期診断・早期治療に有用なのが大腸内視鏡です。

大腸がん-内視鏡の治療と検査-の画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

脂質異常症Part.1 糖質代謝を崩すサイレントキラー「脂質異常症」とは?

脂質異常症は動脈硬化の主要な原因の1つであり、冠動脈疾患の重要なリスクファクターです。家族性高コレステロール血症など、高リスクで厳格なコントロールが必要な患者の治療ついて解説します。

脂質異常症Part.1 糖質代謝を崩すサイレントキラー「脂質異常症」とは?の画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

脂質異常症Part.2 生活習慣病の改善に、多職種連携が必要な理由

糖尿病はインスリンの作用不足によって起こるが、同時に脂質代謝にも悪影響を及ぼすことが知られている。脂質異常症のコントロールには服薬アドヒアランスの向上のみならず、基礎疾患や合併症の改善がカギになります。

脂質異常症Part.2  生活習慣病の改善に、多職種連携が必要な理由の画像
ここに注目!知っているようで知らない疾患のガイセツ

知っているようで知らない 疾患のガイセツ ナルコレプシー

ナルコレプシーは過眠症の一つで、昼間に耐えがたい眠気が出現し、通常では考えられない場面で居眠りしてしまう睡眠発作です。ナルコレプシーの治療と服薬上の注意について解説します。

知っているようで知らない 疾患のガイセツ ナルコレプシーの画像
Medical Diagram

科学への親しみを深めるイグ・ノーベル賞

1991年、編集者マーク・エイブラハムズ氏によって創設されたユニークでちょっと風変わりな研究を表彰するイグ・ノーベル賞。選考基準は、人々を笑わせ、そして考えさせること。科学的探求心に溢れた研究者たちの情熱とは?

イグ・ノーベル賞の法則の画像
はじめる在宅 現場で役立つ基礎知識

はじめる在宅現場で役立つ基礎知識2 がん緩和ケア

患者さんが残された人生を、入院前と同じ環境で、自分らしく過ごせるよう患者さんと家族を支えることが在宅緩和ケアの目的です。在宅がん緩和ケアにおける薬剤師の役割とは?

はじめる在宅現場で役立つ基礎知識2  がん緩和ケアの画像
英語で服薬指導

英語で服薬指導 part19(経口避妊薬の飲み方)

外国の患者さんが来局した際に知っておきたい基本的な会話を紹介する本シリーズ。今回は経口避妊薬の飲み方について。「生理の開始日から飲み始めます」これを英語で言うと!?

英語で服薬指導 part19(経口避妊薬の飲み方)の画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング