特集

尋常性ざ瘡を知る

2020年4月号
尋常性ざ瘡を知るの画像

「青春のシンボル」といわれる尋常性ざ瘡(ニキビ)。かつては、疾患としての認識が低く、患者は一般用医薬品などで対処するのが一般的でした。しかし、2008年に「尋常性痤瘡治療ガイドライン」が登場するとともに、さまざまな薬剤の開発によって治療レベルが向上しました。ガイドラインはその後も改訂を重ね、尋常性ざ瘡の治療は確立しつつあります。たかがニキビ、されどニキビ――尋常性ざ瘡の薬物治療についてまとめます。

尋常性ざ瘡の原因と進行段階

「尋常性痤瘡治療ガイドライン2017(以下、ガイドライン)」では、尋常性ざ瘡(ニキビ、アクネ)は『思春期以降に発症する顔面、胸背部の毛包脂腺系を場とする脂質代謝異常(内分泌的因子)、角化異常、細菌の増殖が複雑に関与する慢性炎症性疾患』と定義されています。尋常性ざ瘡の段階は、大きく分けると、非炎症性(微小面皰、面皰)と、炎症性(紅色丘疹、膿疱、囊腫、硬結)の2つになります(図1)。

図1 尋常性ざ瘡の段階

図1 尋常性ざ瘡の段階の画像

尋常性痤瘡治療ガイドライン2017をもとに編集部作成

[皮疹数で重症度分類]

⃝好発する年齢と部位
尋常性ざ瘡は思春期の男女に多く見られます。好発部位は顔面のほか、前胸部、上背部です。これらの部位に好発する背景として、「脂腺性毛包」と呼ばれる毛包があるためといわれています。脂腺性毛包は、毛が細く皮脂がつまりやすい毛包です。
⃝重症度判定基準
主に炎症性皮疹を対象にした、皮疹数による判定方法と写真によるグローバルな判定方法があります。ガイドラインでは、尋常性ざ瘡の重症度の判定基準として以下の4種を掲げています。
軽症:片方の顔面に炎症性皮疹が5個以下
中等症:片方の顔面に炎症性皮疹が6個以上20個以下
重症:片方の顔面に炎症性皮疹が21個以上50個以下
最重症:片方の顔面に炎症性皮疹が51個以上

尋常性ざ瘡の思春期後の経過 QOLを低下させる瘢痕となる可能性も

ざ瘡は、通常20代の前半から半ばまでに自然に消退しますが、40代までざ瘡が残るような患者さんも一定数いるといわれています。こうした患者さんでは、ざ瘡が残っていることを、難しい人間関係への対処を避ける言い訳にして引きこもる方もいるようです。ざ瘡の重症例などでは、患者さんおよびご家族に対する支持的なカウンセリングが適応となることもあります。
また、炎症所見後に現れる紅斑は一時的な症状で、後に消失するものもありますが、囊腫や硬結といった強い炎症を伴う尋常性ざ瘡の場合、囊腫や線維化病変として残る可能性があります。さらに、萎縮性瘢痕または陥凹性瘢痕と呼ばれる皮膚の陥凹や、隆起、色素沈着といった症状は、いわゆるニキビ痕(瘢痕)として残る可能性があります。尋常性ざ瘡の瘢痕は、身体的なものだけではなくQOLを低下させる原因となってしまいます。
しかし、尋常性ざ瘡の瘢痕に対する標準治療はまだ定まっていません。瘢痕に対する治療選択肢として、トラニラスト(ケロイド・肥厚性瘢痕治療剤)やステロイド局所注射、充填剤注射、ケミカルピーリング、外科的処置(外科的切除や冷凍凝固療法)が挙げられていますが、いずれも推奨度は高いとはいえません。

尋常性ざ瘡の治療 各治療薬の特徴を理解する

尋常性ざ瘡の治療は、原則3ヵ月までの急性炎症期の治療と、その後の維持期の治療という大きく2つに分けて考えられています。さらにその中で症状別に治療選択肢が色々と設けられています。「尋常性痤瘡治療ガイドライン2017」で推奨される、尋常性ざ瘡の症状別の主な治療法は表1の通りです。また、各治療薬について、…

この記事の関連キーワード

この記事の関連記事

人気記事ランキング