P-Co相談室

服薬指導のお悩み相談「わかっているから良い」という患者さん

2022年3月号
P-Co相談室第三回の画像

対人業務の推進や薬機法改正を受け、患者とのコミュニケーションが重要視されています。薬剤師のコミュニケーション能力向上を図り、患者主体の医療推進を活動目的としているファーマシューティカルコミュニケーション(Pharmaceutical Communication;P-Co)学会で理事を務める、帝京平成大学薬学部薬学科教授 井手口直子氏が、患者とのコミュニケーションのコツを解説、さらに薬剤師の悩みに答えます。

がん腫や状況を聞きにくいのですがの画像

薬剤師さんのお悩み相談

Q

さりげなくヒアリングをしても返答してもらえない、新規処方・処方変更があっても「わかっているから良い」と話をしてくれない患者さん。こうした患者さんへの対応はどうしたらよいでしょうか?

この記事の関連記事

人気記事ランキング