薬剤師トップ  〉 ファーマスタイル  〉 業界  〉 Special Report  〉 漢方を気軽に 取り入れる 身近な漢方講座
Special Report

漢方を気軽に 取り入れる 身近な漢方講座

2021年1月号
漢方を気軽に取り入れる 身近な漢方講座の画像

セルフメディケーションの概念も馴染み始めている今日この頃。一般用医薬品として幅広く用いられている漢方の基礎知識や身近な漢方の植物についての講座「第1回 ファーム to ファーム」(一般社団法人リードコンファーマ主催)を取材した。

漢方医学の基礎知識「気・血・水」

漢方医学には、「気・血・水」(き・けつ・すい)という、体の不調や疾患の原因を考える概念がある。この3つの要素のいずれかのバランスが崩れることで体の不調をきたす。本講義では、この「気・血・水」の説明がなされた。講師は、埼玉県の調剤薬局で薬局長を務める沖原雄氏。
体の部位でいうと、「気」は脾臓、「血」は肝臓、「水」は腎臓と深く関わっているという。腎臓は、体内の余分な水分や毒素を適切に振り分け浄化する役割があるが、体内の汚水が腎臓へ運ばれるルートが遮断される状態は『水滞(すいたい)』、逆に、浄化された水分が腎臓から体内の各細胞へ運ばれるルートが遮断される状況は『腎虚(じんきょ)』と呼ばれる。代表的な症状は、水滞ではむくみや冷え、腎虚では睡眠障害としてあらわれる。
「気」では、細胞へのエネルギーが不足した状態を『気虚(ききょ)』や『気鬱(きうつ)』、細胞からのエネルギーが留まってしまうことを『気滞(きたい)』と呼ぶ。気虚や気鬱は、やる気が出ない、食欲不振、不安、のどの違和感としてあらわれ、気滞はイライラや偏頭痛としてあらわれる。「気」は胃などの消化器系の臓器と関連が深いという。
「血」では、主に肝臓から全身の細胞に届く栄養分のルートが遮断されると『血虚(けつきょ)』となる。血虚では爪や皮膚に影響があらわれることが多いという。細胞からの運ばれる毒素が肝臓に運ばれずに留まってしまう状態は『於血(おけつ)』。
このように、「気・血・水」のそれぞれで、『虚』や『滞』のモードになると、体がアンバランスな状態になる。

身近な漢方を知る

講義の後半には身近な漢方の植物が紹介された。まず、先述の「血」に関連したたんぽぽ。たんぽぽは、生薬としては『蒲公英(ほこうえい)』と呼ばれ、胃や肝臓の機能向上や胆汁の分泌促進から、食欲不振や胃もたれ、肝臓疾患の改善に効果が期待できるとされる。また、血行促進や解毒作用、鉄分・カリウムなどのミネラルが豊富なことから、母乳不足の改善や授乳中の水分補給にも適している。タンポポ茶やタンポポコーヒーが製品化されているが、自作もできるという(表)。

この記事の関連キーワード

この記事の冊子

特集

緊急避妊薬の正しい知識と服薬指導

2020年4月からオンライン診療で緊急避妊薬の処方が可能となったことを契機に、2021年のOTC化実現に向け議論が再燃しています。世界的に普及している緊急避妊法が、日本で導入されるまでに歳月を要した理由はどこにあるのでしょうか。今回は避妊の手段や処方、薬の作用機序から副作用、オンライン診療における対応まで、服薬指導の実務に役立つ情報が網羅されています。

避妊はピル、性感染症予防はコンドーム。の画像
Medical Diagram

新型コロナウイルスが増殖する仕組みとは

猛威をふるう新型コロナウイルスが細胞内に侵入する経緯は、他のウイルスと同じなのでしょうか。 新型コロナウイルスとその他のウイルスを比較し、増殖する仕組みをわかりやすく解説します。 今後の治療薬やワクチンに関する情報を読み解く上で、薬剤師として知っておきたい内容です。

新型コロナウイルスが増殖する仕組みとはの画像
Special Report

薬局長が伝授する、身近な漢方と気軽に使える漢方

埼玉県の調剤薬局で薬局長を務める沖原雄さんの漢方講座を取材した記事です。漢方医学から身近な漢方まで、薬局で漢方を勧めるメリットを紹介しています。患者とのコミュニケーションで悩む薬剤師やこれから積極的に漢方の知識を学びたい方に、おすすめの情報が満載です。

漢方を気軽に 取り入れる 身近な漢方講座の画像
keyword

明日から使える知識、抗ヒスタミン薬が奏功しない「かゆみ」

かゆみは近年、新たな治療法が期待されている分野です。疾患ごとにかゆみの強さをスコア化した研究や、かゆみを抑制する研究などが進んでいます。かゆみや痛みを感知する、自由神経終末の伝達速度は、ミニ知識としても参考になります。

明日から使える知識、抗ヒスタミン薬が奏功しない「かゆみ」の画像

この記事の関連記事

薬歴の達人

人気記事ランキング