Special Report

漢方薬を患者さんや地域の方のセルフメディケーションの要に

2022年7月号
薬局の物販戦略【第3回】製品の独自性とセルフ式の煎じ調製スペースを活かす漢方薬の販売戦略の画像

商店街の中や門前ではなく、桜並木の道沿いに店舗を構えるはりま坂薬局。高齢者の世帯割合は他の地域と比較して低く、子ども連れの若い家族や単身者が多い環境にあります。今回は漢方を専門とする国際中医師の資格を有し、漢方を中心としたセルフメディケーションの支援で地域医療に貢献したいと考える同薬局の矢田有美氏にお話をお伺いしました。

健康への意識が高い女性が多く来局 健康食品やリフレクソロジーの施術も提供

来局者層は30〜60歳代の女性が比較的多い傾向です。健康維持に対する意識の高い方が多く、自然由来のもので対応したいと考えて当薬局を訪れる方が多いと感じています。開局して間もないこともありますが、処方箋調剤はまだ少なく、当薬局で中心に扱う煎薬の紹介や健康相談の依頼を受けることが多い現状です。貧血や更年期障害などの婦人科系の悩み、イライラ、不眠、浮腫み、めまいといった相談を多く受けます。
漢方薬は煎薬を中心に取り扱いつつも、ライフスタイルや煎薬の調製を負担に感じる方も考慮してエキス製剤も取り扱っています。そのほかにナツメ・クコの実などの薬膳食材、健康茶、健康食品なども販売しています。リフレクソロジーの施術も提供しており、これらの食品やサービスを目的に来局した方から詳細な症状の相談を受けて、煎薬を紹介することもあります。
当薬局の近辺には一般薬を取り扱う薬局がありません。そのため、独自性・専門性の発揮とともに、いつでも気軽に立ち寄り相談できるサロンのような薬局と地域の方に認知してもらうことが第一歩だと考えています。来局する方が健康維持に繋がるものを新たに発見できる場所になれたらと思っています。

漢方薬はセルフメディケーションにおける 薬剤師の価値を発揮するのに役立つ

頭痛を例に取ると、西洋薬では対症療法として鎮痛薬とその副作用を予防する胃腸薬など複数の薬剤を服用することがあります。一方、漢方では頭痛の原因を探り、原因が水の代謝(水滞)であれば、水滞を改善する漢方薬を服用します。この時、水滞によって起こりえる吐き気や浮腫みも一緒に改善できる可能性があります。漢方薬が適している症状においては、副作用リスクの軽減や同一の原因による他の症状の改善にも繋がるというメリットがあります。また、冷えや病後の気力・体力の低下に対する西洋薬はなく、こうした悩みにも効果的です。
セルフメディケーションの支援は薬剤師の大きな役割の1つであり、相談を受けて未病の段階であれば、初期対応策を提案し、経過を見守るというのは薬剤師の存在価値です。薬剤師がこのような役割を担うなかで、特に漢方薬は有用なアイテムだと私は考えています。

販売実践例:確認事項とプラスα

この記事の冊子

特集

関節リウマチ診療の最新の考え方

1999年のMTXの登場以降、生物学的製剤、JAK阻害薬が臨床に導入されたことで、関節リウマチ治療はパラダイムシフトを遂げたといえます。一昔前までは不治の病と考えられていた関節リウマチも寛解が可能な疾患になりました。

関節リウマチ診療の最新の考え方 疾患活動性の評価とそれに見合った治療の画像
Special Report

漢方薬の販売戦略

漢方薬は一般用医薬品としても身近な医薬品ですが、選択肢は数多く、薬剤師とのコミュニケーションでより安全に体調に合ったものを選択できます。今回は、漢方煎薬を中心に取扱い、来局者とのコミュニケーションを重視した販売体制を構築するタキザワ漢方廠執行役の宮田輝氏に販売戦略等についてお話を伺いました。

漢方薬の販売戦略の画像
Special Report

漢方薬を患者さんや地域の方のセルフメディケーションの要に

今回は漢方を専門とする国際中医師の資格を有し、漢方を中心としたセルフメディケーションの支援で地域医療に貢献したいと考えるはりま坂薬局の矢田有美氏にお話をお伺いしました。

漢方薬を患者さんや地域の方のセルフメディケーションの要にの画像
意識調査

【薬剤師 意識調査】バイオシミラー

バイオシミラーに関して薬剤師がどのような課題を感じ、対応しているかを医療従事者専用サイト「m3.com」の薬剤師会員にアンケート調査を実施しました。

【薬剤師 意識調査】バイオシミラーの画像
Special Report

服薬指導に役立つ患者様向け資材特集 関節炎編

昔は不治の病と言われていた関節リウマチも、今では治療が進歩し寛解を目指せるようになりました。その一方で、患者さんの治療への満足度や不安についてはまだ検討の余地があるようです。本記事では、関節リウマチや若年性特発性関節炎の患者さん向け資材を紹介します。

服薬指導に役立つ患者様向け資材特集 関節炎編の画像
特集クイズ

関節リウマチ診療の最新の考え方|答えて学ぼう特集クイズ

特集「関節リウマチ診療の最新の考え方」について正しく理解できていますか?クイズで確認してみましょう。

関節リウマチ診療の最新の考え方|答えて学ぼう特集クイズの画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング