意識調査

【薬剤師 意識調査】バイオシミラー

2022年7月号
薬剤師 意識調査 バイオシミラーの画像

バイオシミラーに関して薬剤師がどのような課題を感じ対応しているのかを医療従事者専用サイト「m3.com」の薬剤師会員にアンケート調査を実施しました。

対象者 「m3.com」薬剤師会員
調査方法 インターネット調査
調査期間 2022年6月13日〜2022年6月17日
回答者 314人

Q1.次のうち、現在の勤務先でのバイオ医薬品の使用状況として該当するものを教えてください。

先行バイオ医薬品とバイオシミラーを両方扱っている勤務先が約半数である一方、まだ「バイオ医薬品の取り扱いがない」勤務先も多く存在しました。
先行バイオ医薬品とバイオシミラーを併用している場合は、いずれか一方を優先的に選択して使用されているケースが多いという結果でした。

Q1.次のうち、現在の勤務先でのバイオ医薬品の使用状況として該当するものを教えてください。の画像

Q2.次のうち、現在の勤務先で取り扱いがあるバイオシミラーについて、どの疾患領域で使用されているか教えてください。(複数回答可)

2020年の診療報酬改定で在宅自己注射管理料指導料の対象となった疾患領域の製剤はバイオシミラーの導入が増えている一方、がん領域での使用は限定的という結果でした。今回の改定で外来化学療法におけるバイオシミラー使用の加算化により、今後のがん領域での使用拡大が進むか注視されています。

Q2.次のうち、現在の勤務先で取り扱いがあるバイオシミラーについて、どの疾患領域で使用されているか教えてくださいの画像

この記事の関連キーワード

この記事の冊子

特集

関節リウマチ診療の最新の考え方

1999年のMTXの登場以降、生物学的製剤、JAK阻害薬が臨床に導入されたことで、関節リウマチ治療はパラダイムシフトを遂げたといえます。一昔前までは不治の病と考えられていた関節リウマチも寛解が可能な疾患になりました。

関節リウマチ診療の最新の考え方 疾患活動性の評価とそれに見合った治療の画像
Special Report

漢方薬の販売戦略

漢方薬は一般用医薬品としても身近な医薬品ですが、選択肢は数多く、薬剤師とのコミュニケーションでより安全に体調に合ったものを選択できます。今回は、漢方煎薬を中心に取扱い、来局者とのコミュニケーションを重視した販売体制を構築するタキザワ漢方廠執行役の宮田輝氏に販売戦略等についてお話を伺いました。

漢方薬の販売戦略の画像
Special Report

漢方薬を患者さんや地域の方のセルフメディケーションの要に

今回は漢方を専門とする国際中医師の資格を有し、漢方を中心としたセルフメディケーションの支援で地域医療に貢献したいと考えるはりま坂薬局の矢田有美氏にお話をお伺いしました。

漢方薬を患者さんや地域の方のセルフメディケーションの要にの画像
意識調査

【薬剤師 意識調査】バイオシミラー

バイオシミラーに関して薬剤師がどのような課題を感じ、対応しているかを医療従事者専用サイト「m3.com」の薬剤師会員にアンケート調査を実施しました。

【薬剤師 意識調査】バイオシミラーの画像
Special Report

服薬指導に役立つ患者様向け資材特集 関節炎編

昔は不治の病と言われていた関節リウマチも、今では治療が進歩し寛解を目指せるようになりました。その一方で、患者さんの治療への満足度や不安についてはまだ検討の余地があるようです。本記事では、関節リウマチや若年性特発性関節炎の患者さん向け資材を紹介します。

服薬指導に役立つ患者様向け資材特集 関節炎編の画像
特集クイズ

関節リウマチ診療の最新の考え方|答えて学ぼう特集クイズ

特集「関節リウマチ診療の最新の考え方」について正しく理解できていますか?クイズで確認してみましょう。

関節リウマチ診療の最新の考え方|答えて学ぼう特集クイズの画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング