Special Report

服薬指導に役立つ患者様向け資材特集 関節炎編

2022年7月号
服薬指導に役立つ患者様向け資材特集 関節炎編の画像

特集の関節リウマチの解説はいかがでしたでしょうか。昔は不治の病と言われていた関節リウマチも、今では治療が進歩し寛解を目指せるようになりました。その一方で、患者さんの治療への満足度や不安についてはまだ検討の余地があるようです。その解決のカギとなるのは医療関係者とのコミュニケーションなのかもしれません。本記事では、関節リウマチや若年性特発性関節炎の患者さん向け資材を紹介します。

関節リウマチ患者に重要な要素とは

関節リウマチの診療では、特集記事で紹介したように「Treat to Target(T2T)」という概念が提唱されています。T2Tでは、関節リウマチの治療目標を患者さんと医師で共有し、そのときの症状や、炎症レベル、痛みの度合い、患者さんのQOLなどを総合的に鑑みて治療方針が適宜見直されることになります。
関節リウマチの患者さんやそのご家族にとって、関節リウマチについての知識と理解を深めること、また、医師をはじめとした医療関係者とコミュニケーションをうまくとることは、寛解や疾患活動を低い状態を維持するための重要なファクターと言えるのではないでしょうか。

関節炎関連の患者向け資材の活用

そこで今回、ファーマスタイル編集部では、製薬企業が作成している関節リウマチをはじめとした関節炎の患者さん向け資材に着目しました。調査してみると、個々の薬剤の用法・用量や副作用に関する理解促進のための「〇〇を服用される患者さんへ」といった服薬指導箋はもちろん、ほかにも実にたくさんの種類の資材が存在しています。
今回はその中から2つの資材を紹介します。このほか、高額療養費や介護保険などのサポート制度の解説や、関節リウマチの機能再建手術などの外科的な治療の紹介、自己注射ガイドなどさまざまな資材があります。ぜひご参考ください。

『もっと話そう関節リウマチ 症状や治療について』

ギリアド・サイエンシズ株式会社/エーザイ株式会社

資材タイトルにあるように、患者さんの負担や不安、要望を主治医に伝える重要性が訴求されています。
主治医と治療目標を話し合ったことがある関節リウマチ患者さんでは、話し合ったことや説明を受けたことがない患者さんに比べ、医療に満足している可能性が高い、といった患者調査が紹介されています。また、関節リウマチの患者さんは何に困っていて、どんなことを改善したいのか、患者さんの本音が伺える調査も紹介されており、

この記事の関連キーワード

この記事の冊子

特集

関節リウマチ診療の最新の考え方

1999年のMTXの登場以降、生物学的製剤、JAK阻害薬が臨床に導入されたことで、関節リウマチ治療はパラダイムシフトを遂げたといえます。一昔前までは不治の病と考えられていた関節リウマチも寛解が可能な疾患になりました。

関節リウマチ診療の最新の考え方 疾患活動性の評価とそれに見合った治療の画像
Special Report

漢方薬の販売戦略

漢方薬は一般用医薬品としても身近な医薬品ですが、選択肢は数多く、薬剤師とのコミュニケーションでより安全に体調に合ったものを選択できます。今回は、漢方煎薬を中心に取扱い、来局者とのコミュニケーションを重視した販売体制を構築するタキザワ漢方廠執行役の宮田輝氏に販売戦略等についてお話を伺いました。

漢方薬の販売戦略の画像
Special Report

漢方薬を患者さんや地域の方のセルフメディケーションの要に

今回は漢方を専門とする国際中医師の資格を有し、漢方を中心としたセルフメディケーションの支援で地域医療に貢献したいと考えるはりま坂薬局の矢田有美氏にお話をお伺いしました。

漢方薬を患者さんや地域の方のセルフメディケーションの要にの画像
意識調査

【薬剤師 意識調査】バイオシミラー

バイオシミラーに関して薬剤師がどのような課題を感じ、対応しているかを医療従事者専用サイト「m3.com」の薬剤師会員にアンケート調査を実施しました。

【薬剤師 意識調査】バイオシミラーの画像
Special Report

服薬指導に役立つ患者様向け資材特集 関節炎編

昔は不治の病と言われていた関節リウマチも、今では治療が進歩し寛解を目指せるようになりました。その一方で、患者さんの治療への満足度や不安についてはまだ検討の余地があるようです。本記事では、関節リウマチや若年性特発性関節炎の患者さん向け資材を紹介します。

服薬指導に役立つ患者様向け資材特集 関節炎編の画像
特集クイズ

関節リウマチ診療の最新の考え方|答えて学ぼう特集クイズ

特集「関節リウマチ診療の最新の考え方」について正しく理解できていますか?クイズで確認してみましょう。

関節リウマチ診療の最新の考え方|答えて学ぼう特集クイズの画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング