薬剤師トップ  〉 ファーマスタイル  〉 業界  〉 Special Report  〉 残り2か月!電子処方箋の開始に向けた最終チェック
Special Report

残り2か月!電子処方箋の開始に向けた最終チェック

2022年11月号
残り2か月!電子処方箋の開始に向けた最終チェックの画像

2023年1月の電子処方箋開始まで、いよいよ残り2か月となりました。2022年10月から電子処方箋の利用申請も開始し、すでに皆様のご勤務先でも開始に向けた各種準備が進んでいると思いますが、改めて電子処方箋開始にむけた最終チェック項目とご参考情報をまとめました。

2023年4月以降の導入は補助金減額
早めの導入準備を

本年10月からマイナンバーカード健康保険証利用時の患者負担額が減額され、また政府が2024年秋にマイナンバーカードと健康保険証の一体化方針を表明するなど医療分野の電子化の流れが加速しています。その中で来年1月からは電子処方箋の運用が開始します。
現在、電子処方箋は国が導入施設に補助金を支給し導入を促進しています。なお電子処方箋の導入時期が2023年4月1日以降の場合は補助金支給額が減額されるため(表1)、導入意向がある場合は早めに導入を進める必要があります。
表2に電子処方箋開始までのチェックリストと下記に各種参照情報をまとめました。これから電子処方箋の導入を進める方は、ぜひご参考ください。

表1 電子処方箋の導入時期と施設別の補助金上限額
電子処方箋
導入時期
大規模
病院
(病床数200床以上)
病院
(大規模病院以外)
大型チェーン
薬局
(グループで
処方箋の受付が
月4万回以上の薬局)
薬局
(大型チェーン
薬局以外)
診療所
2023年
3月31日以前
162.2万円 108.6万円 9.7万円 19.4万円
2023年
4月1日以降
121.7万円 81.5万円 7.7万円 12.9万円

厚生労働省資料より編集部で作成

表2 電子処方箋開始までのチェックリスト
HPKIカードの
準備
 
対応システムの
発注
 

この記事の関連キーワード

この記事の冊子

特集

便秘に対する漢方薬のアプローチ

腹部の張りや痛み、残便感といった自覚症状はあるものの、医療機関には相談しづらく自己判断でOTC薬を使用していたり、満足のいく治療にはなかなかたどりつきにくい便秘。今回は、便秘に対してどのような漢方薬を活用することができるのか、便秘のタイプや症状に応じた漢方薬の選択、大黄を中心とした漢方薬に含まれる生薬に関する注意点などについて解説します。

便秘に対する漢方薬のアプローチの画像
Special Report

残り2か月!電子処方箋の開始に向けた最終チェック

2023年1月の電子処方箋開始まで、いよいよ残り2か月となりました。2022年10月から電子処方箋の利用申請も開始し、すでに皆様のご勤務先でも開始に向けた各種準備が進んでいると思いますが、改めて電子処方箋開始にむけた最終チェック項目とご参考情報をまとめました。

残り2か月!電子処方箋の開始に向けた最終チェックの画像
Special Report

薬剤使用期間中の患者フォローアップの実際<第3回>

2020年から義務化となった投薬後の患者フォローアップへの取り組みが本格化してきています。フォローアップシリーズの第2回は、埼玉県で4店舗を展開されている株式会社かくの木のかくの木薬局を取材し、コロナ禍でのフォローアップやフォローアップによる今後の展望などについてお話を伺いました。

薬剤使用期間中の患者フォローアップの実際<第3回>の画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング