Medical Diagram

正常性バイアスの法則

2020年7月号
正常性バイアスの法則とは?

現象を“過小評価”する認知の歪みは、たやすく起こる

2003年2月に韓国東南部の大邱(テグ)広域市で発生した地下鉄車両に対する放火事件では、乗客など192人が死亡し、148人が負傷する大惨事となりました。死亡者が多かったのは、犯人が放火した車両ではなく、火災発生から3分後に入線した対向列車でした。この対向列車内で撮影された写真では、煙が充満しているにもかかわらず、人々は座席に座ったままの姿が写し出されていました。彼らはどうして危険から身を避ける行動を起こさなかったのでしょうか。
私たちは、宝くじや馬券の購入動機でみられるように、客観確率(多数回の試行の中で起こる比率)の小さな現象を主観的に過大に評価する傾向があり、逆に交通事故のような現象に対しては、客観確率よりそれを過小に評価する傾向も持っています1)。このような認知のバイアス(偏り、歪み)は、リスクを回避するうえで、メリットとデメリットの両方の役割を果たしています。そして、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう認知の歪みは「正常性バイアス(normalcy bias)」と呼ばれ、冒頭に紹介した大邱地下鉄放火事件では、この心理が働いたものと考えられます。
災害心理学者の広瀬弘忠氏(現・東京女子大学名誉教授)らが、興味深い実験を行っています1)。天井にビデオカメラを設置した部屋に被験者に入ってもらい、煙を流入させて、その反応をマジックミラー越しに観察するという実験です。 …

この記事の関連記事

人気記事ランキング