エキスパートクイズ

婦人科月経関連疾患|答えて学ぼうエキスパートクイズ

2019年7月号
婦人科月経関連疾患|答えて学ぼうエキスパートクイズの画像

月経困難症・PMS(月経前症候群)/PMDD(月経前不快気分障害)を読んで、正しく理解できたかチエックしてみましょう!

Q1 以下の文章の( )内に当てはまる用語を答えよ

LEP製剤は、1日1錠を(❶)に、定められた日数の間、経口投与する。休薬期間の定められた製剤は、休薬期間を含めて1周期とし、休薬後は(❷)が終わっているか続いているかに関わらず、次の周期の投与を開始する。
飲み忘れ等がないよう、十分な服用方法の指導が重要となる。万一前日の飲み忘れに気づいた場合は、(❸)に飲み忘れた分を服用。当日分は(❹)に服用する。2日以上服用を忘れた場合は、前日分の1錠は(❺)に服用、当日分は(❻)に服用する。その後は当初の服薬スケジュール通りとする。

Q1の答え 表示

LEP製剤は、1日1錠を(❶ 毎日一定の時刻)に、定められた日数の間、経口投与する。休薬期間の定められた製剤は、休薬期間を含めて1周期とし、休薬後は(❷ 出血)が終わっているか続いているかに関わらず、次の周期の投与を開始する。
飲み忘れ等がないよう、十分な服用方法の指導が重要となる。万一前日の飲み忘れに気づいた場合は、(❸ 直ち)に飲み忘れた分を服用。当日分は(❹ 通常の服薬時刻)に服用する。2日以上服用を忘れた場合は、前日分の1錠は(❺ 気付いた時点)に服用、当日分は(❻ 通常の服薬時刻)に服用する。その後は当初の服薬スケジュール通りとする。

更年期障害を読んで、正しく理解できたかチエックしてみましょう!

Q2 以下の文章の( )内に当てはまる用語を答えよ

HRTでは、(❶)を有する女性に対しては、(❷)や(❸)発症予防のために、(❹)単独投与ではなく(❺)併用投与が必要となる。併用投与のうち、周期的投与法では定期的な(❻)がみられることが多い。持続的投与法では(❼)に不正出血がみられるが、継続することで消失する。

この記事の関連記事

人気記事ランキング