特集クイズ

関節リウマチ診療の最新の考え方|答えて学ぼう特集クイズ

2022年7月号
特集Quiz

関節リウマチ診療の最新の考え方を読んで、正しく理解できたかチエックしてみましょう!

Q1 次のうち、関節リウマチの症状の説明として正しいものは?

  • 関節症状であるこわばりは、夜間に最も強く症状が出る。
  • 関節症状は左右非対称性に出現することが多く、最も多いのは肩である。
  • 関節リウマチは全身性の慢性炎症性疾患のため、炎症が肺の肺胞組織に及ぶと間質性肺炎になることもある。
  • 関節破壊の進行による関節機能障害は可逆的である。
Q1の答え 表示
  • 関節リウマチは全身性の慢性炎症性疾患のため、炎症が肺の肺胞組織に及ぶと間質性肺炎になることもある。

解説

こわばりが最も強く発現するのは夜間ではなく朝。関節症状は左右対称性に出現することが多く、指の第二、第三関節や、手首の関節に多くみられる。関節破壊が進行してしまうと関節機能障害は不可逆的で、QOL低下を改善することが困難となる。

関節リウマチ診療の最新の考え方を読んで、正しく理解できたかチエックしてみましょう!

Q2 関節リウマチ治療におけるMTX服用法について、各空欄に正しいものを選択してください。

診断後、禁忌がなければ速やかにメトトレキサート(MTX)を導入し、(❶)週間ごとに適切な投与量まで増量していくのが標準的な治療です。MTXは(❷)回の服用ですが、12時間ごとに分2または分3で服用してもらい、最終服用から48時間後に副作用軽減のために(❸)を服用してもらいます。

  • ア:1~3   イ:2~4   ウ:3~5
  • ア:週1   イ:週2   ウ:2週に1
  • ア:葉酸製剤   イ:鉄剤   ウ:カルシウム製剤

この記事の関連キーワード

この記事の冊子

特集

関節リウマチ診療の最新の考え方

1999年のMTXの登場以降、生物学的製剤、JAK阻害薬が臨床に導入されたことで、関節リウマチ治療はパラダイムシフトを遂げたといえます。一昔前までは不治の病と考えられていた関節リウマチも寛解が可能な疾患になりました。

関節リウマチ診療の最新の考え方 疾患活動性の評価とそれに見合った治療の画像
Special Report

漢方薬の販売戦略

漢方薬は一般用医薬品としても身近な医薬品ですが、選択肢は数多く、薬剤師とのコミュニケーションでより安全に体調に合ったものを選択できます。今回は、漢方煎薬を中心に取扱い、来局者とのコミュニケーションを重視した販売体制を構築するタキザワ漢方廠執行役の宮田輝氏に販売戦略等についてお話を伺いました。

漢方薬の販売戦略の画像
Special Report

漢方薬を患者さんや地域の方のセルフメディケーションの要に

今回は漢方を専門とする国際中医師の資格を有し、漢方を中心としたセルフメディケーションの支援で地域医療に貢献したいと考えるはりま坂薬局の矢田有美氏にお話をお伺いしました。

漢方薬を患者さんや地域の方のセルフメディケーションの要にの画像
意識調査

【薬剤師 意識調査】バイオシミラー

バイオシミラーに関して薬剤師がどのような課題を感じ、対応しているかを医療従事者専用サイト「m3.com」の薬剤師会員にアンケート調査を実施しました。

【薬剤師 意識調査】バイオシミラーの画像
Special Report

服薬指導に役立つ患者様向け資材特集 関節炎編

昔は不治の病と言われていた関節リウマチも、今では治療が進歩し寛解を目指せるようになりました。その一方で、患者さんの治療への満足度や不安についてはまだ検討の余地があるようです。本記事では、関節リウマチや若年性特発性関節炎の患者さん向け資材を紹介します。

服薬指導に役立つ患者様向け資材特集 関節炎編の画像
特集クイズ

関節リウマチ診療の最新の考え方|答えて学ぼう特集クイズ

特集「関節リウマチ診療の最新の考え方」について正しく理解できていますか?クイズで確認してみましょう。

関節リウマチ診療の最新の考え方|答えて学ぼう特集クイズの画像

この記事の関連記事

薬歴の達人

人気記事ランキング