専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

心不全Part.1 患者数120万人 “心不全パンデミック”の恐怖

2018年6月号
心不全 Part1 早期からの医療介入と自己管理で心不全の進行は防げるの画像
2018年3月、日本循環器学会と日本心不全学会は「急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版)」を発表した。それによれば「心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気」とある。心不全の進展を防ぐためには薬物療法だけでなく日常生活全般にわたる管理が重要だ。今回は日本の循環器医療をリードしている施設の1つである榊原記念病院循環器内科副部長の鈴木誠氏に心不全の治療と管理について解説していただいた。また、同病院薬剤科の井亀寛子氏には治療中の患者への服薬指導の実際について聞いた。

Check Point

 生命予後に寄与する心不全治療薬は3系統
 ACE阻害薬、ARB、β遮断薬は心不全早期から用いられる基礎薬
 生活習慣の管理が薬物療法とともにきわめて重要
 心筋梗塞既往の患者など基礎疾患をもつ患者には心不全の予防対策が、
心不全患者にはステージを進行させない管理が求められる
 チーム医療で心不全のステージ進行をくい止める。
保険薬局薬剤師は悪化の徴候を見逃さず、かかりつけ医と患者情報を共有する

Part.1 早期からの医療介入と自己管理で心不全の進行は防げる

2020年の患者数は120万人 心不全パンデミック

心臓外科のパイオニアの1人である故・榊原仟東京女子医科大学教授が1977年(昭和52年)に設立した榊原記念病院は心臓病、高血圧、心血管病、心臓リハビリテーションなどの専門医療に大きな実績を残し、現在も日本の循環器医療をリードする施設の1つだ。
その榊原記念病院で2017年度のCCU入院患者は約800人。このうち64%が救急搬送で、心不全による救急搬送患者はおよそ150人と20%を占めている。心不全で救急搬送された患者のうち、心筋症によるものが30%、次いで虚血性心疾患によるもの、もしくは大動脈弁狭窄症を主とする弁膜症によるものが各25%を占めている。心不全の原因疾患は多岐にわたるが、上記疾患に加えて不整脈が代表的な原因疾患である。いずれの疾患も血液を全身に送り出す心臓のポンプ機能が悪化して心不全という病態を招く。
心不全が顕性化した場合の5年生存率は約50%で、大腸がんとほぼ同等、前立腺がんや乳がんより不良である。さらに、がんと違い心不全は寛解増悪に伴う入退院の繰り返しで徐々に死の転帰を迎えることも特徴である。
2011年から2014年の期間に榊原記念病院で入院加療し軽快退院した心不全患者542人中約30%の145人が一年以内に再入院し、退院から再入院までの平均日数はわずか90日であった。
「急性・慢性心不全診療ガイドライン」では心不全のステージを図1のように定義している。心不全は急性増悪を繰り返すごとに進行し、最後は人生の最終段階のケアを必要とする。心不全を発症していなくても、リスク因子を有していればステージAに分類される。

図1 心不全とそのリスクの進展ステージ

乳がんの臨床病期と治療の画像

厚生労働省「脳卒中、心臓病その他の循環器病に係る診療提供体制の在り方について(平成29年7月)」を参考に作成

虚血性心疾患の増加、高齢化による高血圧や弁膜症患者の増加といった循環器疾患における疾病構造の変化は心不全患者増加の大きな要因である。米国のフラミンガム研究によると50歳代の慢性心不全発症率は1%程度だが、80歳以上になると急増し10%にも達する。日本における心不全患者の総数は推計では2005年に約100万人、2020年には120万人に達するといわれており、爆発的増加といっていい状態である。このような心不全パンデミックをくい止めるためには、第一に、虚血性心疾患や高血圧など心不全の原因となる基礎疾患の徹底した予防管理と治療が求められる。

個別化医療によるリスク是正と早期薬物療法が必要

この記事の冊子

特集

「薬が飲めない」摂食嚥下障害とは?

私たちは普段、口腔内や咽頭・喉頭の働きを意識しながら飲食することはほとんどありません。毎日当たり前に行っている、食べ物を見て、それを口に運び、咀嚼し、嚥下する一連の動きは実はとても複雑なのです。その過程を細かく見ていきましょう。

摂食嚥下障害のメカニズム 〜「薬が飲めない」に対処する〜の画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

心不全Part.1 患者数120万人 “心不全パンデミック”の恐怖

心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり生命を縮める病気である。2020年の患者数は120万人とも言われています。今回は心不全の治療と管理、患者への服薬指導について解説していただきました。

心不全Part.1 患者数120万人 “心不全パンデミック”の恐怖の画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

心不全Part.2 心不全患者への服薬指導のポイントは?

合併症・基礎疾患をもつ心不全患者は併用薬剤が多く、併存疾患・基礎疾患の治療薬との相互作用に注意する必要があります。患者の生活背景、病態に寄り添う服薬指導とは?

心不全Part.2 心不全患者への服薬指導のポイントは?の画像
ここに注目!知っているようで知らない疾患のガイセツ

知っているようで知らない 疾患のガイセツ 筋ジストロフィー

根本的な治療法がない遺伝子性の病気として知られている筋ジストロフィー。近年は 遺伝子治療に基づく新薬の開発や患者さんのiPS細胞を用いた遺伝子修復の研究などにより、根本的な治療の時代へと大きく転換しつつあります。今回は、独立行政法人国立病院機構箱根病院の名誉院長 石原傳幸氏に最新の治療動向について解説していただきました。

知っているようで知らない 疾患のガイセツ 筋ジストロフィーの画像
はじめる在宅 現場で役立つ基礎知識

はじめる在宅現場で役立つ基礎知識5 感染対策

感染源を「持たない」、「持ち込まない」。この2点が在宅医療において易感染者である患者さんに対する感染予防の基本です。在宅訪問における感染対策で準備しておくこととは?

はじめる在宅現場で役立つ基礎知識5  感染対策の画像
本田先生のHealthy Days

はじめまして本田由佳です

本田先生が女性の健康をテーマに語るHealthyDaysシリーズ。「健康の知識と食は身体を作る基本」をモットーに女性や子どもの健康情報をご紹介してまいります。

はじめまして本田由佳ですの画像
Medical Diagram

「スイカは腎臓によい」ってホント?

「『腎臓によいから』とスイカをたくさん食べて急死された患者さんを何人も見てきました。」これは、熊本医療センターのホームページに掲載されている医師の述懐です。いったい、これはどういうことなのでしょうか。スイカの健康効果について解説します。

スイカと腎臓の法則の画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング