専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

【皮膚悪性腫瘍】患者の声は些細なことも聞き逃さず踏み込んだ対応を

2017年5月号
皮膚悪性腫瘍 Part2 患者の声は些細なことも聞き逃さず踏み込んだ対応をの画像
人体で最大の器官である皮膚に発生する皮膚がん(悪性腫瘍)は種類が多いが、ほとんどは希少がんだ。患者数が少ないがゆえに科学的根拠に基づく診療面での課題は多い。今回は、皮膚悪性腫瘍でも比較的患者数の多い悪性黒色腫(メラノーマ)、有棘細胞がん、基底細胞がん、乳房外パジェット病を取り上げ、国立がん研究センター中央病院皮膚腫瘍科の並川健二郎氏にそれぞれの特徴や鑑別診断のポイント、治療戦略などを解説していただいた。さらに、同病院薬剤部の前田誠氏には薬物治療をサポートする観点から治療効果、QOLを高める服薬指導などを助言していただいた。

Part.2 患者の声は些細なことも聞き逃さず踏み込んだ対応を

化学療法では見られなかった副作用に注意

従来、メラノーマの薬物治療ではダカルバジンをはじめ数々の細胞障害性抗がん剤が使われてきた。細胞障害性抗がん剤はがん細胞だけでなく正常細胞にも影響を与えるため、吐気・嘔吐、食欲不振、下痢、手足のしびれ、肝機能障害、腎機能障害、脱毛、倦怠感、白血球減少、血小板減少、貧血など多彩な副作用が出現する。患者の中には、薬物治療に対して必要以上に副作用を気にして治療を拒んだり、中断したりする例もある。こうした患者に対して薬剤師は、効果と副作用、支持療法など薬物治療に関して丁寧に説明し、正しい理解を促すことが求められる。
免疫チェックポイント阻害剤は細胞障害性抗がん剤に比べて副作用の出現頻度は低いとされている。国立がん研究センター中央病院薬剤部の前田誠氏によると、比較的多く見られる大腸炎関連の下痢でも発生頻度は10%に満たないほどで、間質性肺炎はさらに低く2%程度、肝機能障害などは症状として気づきにくく、患者によっては黄疸が現れて初めて発見されることもあるという。「化学療法では見られなかった副作用には注意が必要です。たとえば劇症I型糖尿病など、従来の薬物治療で経験したことがない有害事象が発生する可能性を念頭に置いた管理が重要となります」と前田氏は指摘する。
免疫チェックポイント阻害剤の副作用の出現時期は投与後2週間から8週間ごろが比較的多いが、投与直後や最終投与から数ヵ月して出現することもあるという。同病院では、看護師が医師の診察前に患者から情報を収集し、副作用チェックリストで医師、薬剤師と共有している。免疫チェックポイント阻害剤を使用している患者に対して、〈いつどのような副作用が出現するかわからない〉〈副作用によっては緊急処置が必要な場合もある〉といった注意事項を伝え、異変に気づいたらすぐに連絡するように伝えている。
また、相互作用にも目を光らせている。とくにダブラフェニブはCYP2C8、CYP3A4で代謝され、CYP2C9、CYP3A4を誘導するため、併用注意となる薬剤が多数ある。これらの酵素に関連する薬剤は種類が多く、前田氏はその都度確認するという。

患者の生活に合わせて具体的な対策を提案

服薬方法について患者の理解が不十分だと思わぬ事故を招くリスクがある。たとえば、ダブラフェニブは1回150mgを1日2回、空腹時に経口投与する。トラメチニブはダブラフェニブと併用する場合、1回2mgを1日1回、空腹時に経口投与する。一般的な薬と服用方法の異なる治療薬は慣れないと飲み忘れなど誤用する可能性が大きい。また、トラメチニブは冷蔵保管する必要があり、薬剤管理を含めたきめ細やかな服薬指導を要する。
「たとえば患者さんの生活に合わせて具体的な時間を提案することでアドヒアランスの向上が期待できます」と前田氏はいう。

この記事の冊子

特集

乳がんのサブタイプ別治療戦略

乳がんのサブタイプとは何か、サブタイプごとの治療戦略、今後の課題など、乳がんの「薬物療法の今」を、聖路加国際病院乳腺外科医長の林直輝氏に解説していただきました。

乳がんのサブタイプ別治療戦略の画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

【皮膚悪性腫瘍】治療の基本は手術、選択肢が増えた薬物治療

皮膚悪性腫瘍でも比較的患者数の多い悪性黒色腫(メラノーマ)、有棘細胞がん、基底細胞がん、乳房外パジェット病を取り上げ、国立がん研究センター中央病院皮膚腫瘍科の並川健二郎氏にそれぞれの特徴や鑑別診断のポイント、治療戦略などを解説していただきました。

【皮膚悪性腫瘍】治療の基本は手術、選択肢が増えた薬物治療の画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

【皮膚悪性腫瘍】患者の声は些細なことも聞き逃さず踏み込んだ対応を

日本人の死因の第3位を占める肺がんは、高齢者の早期発見・治療の機会を逸しやすく、重症化する可能性が高い疾患です。埼玉医科大学感染症科・感染制御科教授の前﨑繁文氏に高齢者の肺炎診療の難しさや抗菌薬の使い方を解説頂きました。

【皮膚悪性腫瘍】患者の声は些細なことも聞き逃さず踏み込んだ対応をの画像
ここに注目!知っているようで知らない疾患のガイセツ

五十肩

 「肩が痛くて腕が上がらない」。そう訴えると「年のせい」と決めつけられてしまうことが多い五十肩。自然に治る場合もありますが、まずは受診が肝心です。今回は東京女子医科大学東医療センター整形外科で専門外来「肩関節外来」を担当している専門医、神戸克明准教授に五十肩について解説していただきました。

五十肩の画像
Medical Diagram

耳掃除の法則

耳掃除は気持ちがよく、ついつい耳かきや綿棒を手にしてしまいますが、耳垢の除去は医学的に見て有益なのでしょうか?米国耳鼻咽喉科・頭頸部外科学会は2017年1月に発表した『Clinical Practice Guideline :Cerumen Impactionにおいて、「過度の耳掃除を行ってはいけない」と強く呼びかけています。

耳掃除の法則の画像
英語で服薬指導

英語で服薬指導 「乗り物酔いのお薬をください」

外国の患者さんが来局した際に知っておきたい基本的な会話を紹介する本シリーズ。今回はOTC薬について。「乗り物酔いのお薬をください。」これを英語で言うと!?

英語で服薬指導 「乗り物酔いのお薬をください」の画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング