本田先生のHealthy Days

叶えたいライフコースを歩むためのESD骨育プロジェクト

2019年5月号
叶えたいライフコースを歩むためのESD骨育プロジェクトの画像

大学発「骨と情報の専門家集団」Team BONE始動!!

皆様がお勤めになる薬局にいらっしゃるお客様、そして地域の方々の骨は元気でしょうか?
骨という臓器は、われわれが胎児として生を受けた瞬間から死ぬ瞬間まで、常に変化し続け、体を支え続けています。超高齢化社会では、老年期の骨粗鬆症や骨折が社会問題になっていますが、思春期にどれだけ元気で美しい骨を獲得してお くかが、老年期の骨の運命と健康寿命まで決めるということはあまり知られていません。そこで、この現状を改善することを目的に、順天堂大学附属練馬病院整形外科の坂本優子准教授と私が発起人となり、大学発「骨と情報の専門家集団」TeamBONE(チームボーン)を結成いたしましたので、ご紹介させていただきます!
Team BONEは、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康と権利:SRH/R)をはじめ、全ての人々が若い時期に元気で美しい骨を獲得する知識を持ち、自らの意思と選択によって骨粗鬆症や骨折を予防し、自己実現ができ健康寿命が長い社会を実現するために、「慶應義塾大学SFC研究所 健康情報コンソーシアム」(代表:村井純 慶應義塾大学教授)の下に設立いたしました。

全ての人々に元気で美しい骨を

eamBONEは大学を拠点に、サイバー空間とフィジカル空間を融合させた「ESD*1(英:Education for SustainableDevelopment)による骨育」を行い、Society 5.0*2の社会の実現、健康寿命の延伸に寄与することを目的としています。具体的な活動としては、子どもたちや大人ひとり一人に向けて、元気で美しい骨をつくる4つのアクション(骨を知る・はかる・変わる・伝える)に繋がる情報提供と教育を行い、「持続可能な元気な骨サイクル社会」を目指します。

この記事の関連キーワード

この記事の冊子

特集

症候別スキルアップ【第1回】頭痛

プライマリケアの入り口で、薬剤師として「頭痛」の適切な臨床判断を知りましょう。

症候別スキルアップ【第1回】頭痛の画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

part.1 骨粗鬆症 関連施設と協力し小規模病院でリエゾンサービスを実現

骨粗鬆症の啓発、予防、診断、治療のための多職種連携システムである「骨粗鬆症リエゾンサービス」の運用についてお話を伺いました。

part.1 骨粗鬆症 関連施設と協力し小規模病院でリエゾンサービスを実現の画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

part.2 骨粗鬆症 治療薬に関する細やかな指導でリエゾンサービスを支える

武蔵台病院の理事長・整形外科部長の河野義彦氏と薬剤師の宇津木冬枝氏に「骨粗鬆症リエゾンサービス」の薬剤師の役割についてお話を伺いました。

part.2 骨粗鬆症 治療薬に関する細やかな指導でリエゾンサービスを支えるの画像
エキスパートクイズ

骨粗鬆症|答えて学ぼうエキスパートクイズ

「骨粗鬆症」について、正しく理解できていますか?クイズで確認してみましょう。

骨粗鬆症|答えて学ぼうエキスパートクイズの画像
本田先生のHealthy Days

叶えたいライフコースを歩むためのESD骨育プロジェクト

「慶應義塾大学SFC研究所 健康情報コンソーシアム」の下に設立した骨と情報の専門家集団TeamBONE(チームボーン)についてご紹介します。

叶えたいライフコースを歩むためのESD骨育プロジェクトの画像
ここに注目!知っているようで知らない疾患のガイセツ

起立性調節障害

怠けや仮病と誤解されることもある「起立性調節障害」について解説いたします。

起立性調節障害の画像
Medical Diagram

天狗と薬の法則

置き薬のイメージキャラクターに天狗が用いられている理由とは?

天狗と薬の法則の画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング