薬剤師トップ  〉 ファーマスタイル  〉 クイズ  〉 特集クイズ  〉 認知症|答えて学ぼう特集クイズ
特集クイズ

認知症|答えて学ぼう特集クイズ

2022年4月号
特集Quiz

認知症は増え続ける早期介入で発症と進行を予防を読んで、正しく理解できたかチエックしてみましょう!

Q1 次のうち、説明として正しくないものは?

  • 認知症の症状には大きく分けて中核症状と行動・心理症状の2つがある。
  • 認知症の診断では画像検査の結果が重視される。
  • 認知機能障害の原因にはベンゾジアゼピン系やヒスタミン系によるものもある。
  • 新薬のアデュカヌマブは米国では継続審議となったが日本では承認された。
Q1の答え 表示
  • 新薬のアデュカヌマブは米国では継続審議となったが日本では承認された。

解説

新薬のアデュカヌマブは米国では承認されたが、欧州では非承認、日本では継続審議となった。

認知症は増え続ける早期介入で発症と進行を予防を読んで、正しく理解できたかチエックしてみましょう!

Q2 次のうち、認知症の治療薬の説明として正しいものは?

  • ドネペジルは軽度認知症から高度認知症まで広くカバーする
  • ガランタミンは4段階で増量する
  • リバスチグミンはレビー小体型認知症に有効
  • メマンチンは失神や骨折の発生率を高める

この記事の関連キーワード

この記事の冊子

この記事の関連記事

薬歴の達人

人気記事ランキング