専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

潰瘍性大腸炎Part.1 「潰瘍性大腸炎」薬物療法における寛解維持のポイントは?

2018年2月号
潰瘍性大腸炎 Part1 寛解導入、寛解維持のベース治療薬は5-ASA製剤 薬物療法の進歩で寛解期を長く維持の画像
慢性の炎症性疾患である潰瘍性大腸炎の根本治療はないが、薬物療法の進歩で患者QOLは大幅に改善した。日本における潰瘍性大腸炎患者数は、特定疾患医療受給者証所持者数でみると2011年に約13万人だったのが2014年には17万人を超え増加している1)。今回は潰瘍性大腸炎やクローン病など炎症性腸疾患患者を多数管理している北里大学北里研究所病院炎症性腸疾患先進治療センター長の日比紀文氏に潰瘍性大腸炎における薬物療法の考え方をうかがった。また、同病院薬剤部の八木澤啓司氏には治療中の患者への服薬指導について語っていただいた。

Check Points

治療方針の決定には病変の範囲と重症度が重要 5-ASA製剤の進歩で長期間の寛解維持が可能に 軽症~中等症の寛解導入は5-ASA製剤、重症はステロイド 1日の決められた投与量を守ることが大切
5-ASA製剤は1日3回でも1日1回でも効果、安全性に差はない
抗TNFα抗体製剤は感染症の発症に注意する

Part.1 寛解導入、寛解維持のベース治療薬は5-ASA製剤 薬物療法の進歩で寛解期を長く維持

重症度や病変の広がりで治療方針を決定

潰瘍性大腸炎(ulcerative colitis 以下UC)は20歳代をピークに、小児から中高年世代にもみられる炎症性腸疾患である。特定疾患医療受給者証の交付件数からみれば患者数は約17万人だが、実際の患者数は20万人程度と推定され、アメリカに次いで2番目に多い2)。1970年代には1,000〜2,000人だった患者が日本でこれだけ増えた明確な理由はわかっていないが、北里大学北里研究所病院炎症性腸疾患先進治療センター長の日比紀文氏によれば、「遺伝的な要因に腸内細菌や食事の影響などさまざまな因子がトリガーとなって発症する」という。
病期は活動期と寛解期に分けられる。活動期は腹痛や下痢、血便などがあり、内視鏡所見では血管透見像が消失し、易出血性、びらん、潰瘍が認められる状態。寛解期は症状が治まり炎症所見が改善した状態(図1)。多くの場合、UCは活動期と寛解期を繰り返し、寛解しても再燃しやすいのが特徴だ。したがって速やかな寛解導入(活動期治療)とその後の寛解維持をできるだけ長く保つことが治療の目的となる。かつては再燃を繰り返すことで患者のQOLが損なわれていたが、寛解導入療法の進歩によって寛解期を維持する期間が長くなり、患者数の増加と相まって一般消化器内科医が初期のUCや寛解期の患者を管理することも多くなった。

図1 潰瘍性大腸炎の内視鏡所見

写真 黄色腫

提供 日比紀文氏

UCは病変の範囲や重症度によって選択される薬剤の内容が変わる。潰瘍性大腸炎と診断されたら病変の広がりや重症度を評価することが重要である(表1)。

表1 潰瘍性大腸炎の診断基準
臨床症状 持続性または反復性の粘血・血便、あるいはその既往がある。
内視鏡検査 ⅰ)粘膜はびまん性におかされ、血管透見像は消失し、粗ぞうまたは細顆粒状を呈する。さらに、もろくて易出血性(接触出血)を伴い、粘血膿性の分泌物が付着しているか、ii)多発性のびらん、潰瘍あるいは偽ポリポーシスを認める。iii)原則として病変は直腸から連続して認める。
注腸X線検査 ⅰ)粗ぞうまたは細顆粒状の粘膜表面のびまん性変化、ⅱ)多発性のびらん、潰瘍、ⅲ)偽ポリポーシスを認める。その他、ハウストラの消失(鉛管像)や腸管の狭小・短縮が認められる。
生検組織学的検査 活動期では粘膜全層にびまん性炎症性細胞浸潤、陰窩膿瘍、高度な杯細胞減少が認められる。いずれも非特異的所見であるので、総合的に判断する。寛解期では腺の配列異常(蛇行・分岐)、萎縮が残存する。上記変化は通常直腸から連続性に口側にみられる。

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業:
潰瘍性大腸炎・クローン病診断基準・治療指針(平成28年度改訂版)
2017を参考に作成

病変は基本的には直腸に限局した直腸炎型、脾彎曲部までにとどまる左側大腸炎型、脾彎曲部を越えて全大腸に広がる全大腸炎型に分けられる(図2)。重症度は排便回数、血便、発熱、頻脈、貧血(ヘモグロビン値)、赤沈(赤血球沈降速度)の程度によって判定され(表2)、軽症〜中等症例では通院治療が可能だが、重症では入院治療が必要なことが多い。
この他、臨床経過から再燃寛解型、慢性持続型、急性劇症型、初回発作型に分けられるが患者は再燃寛解型が最も多い。初回発作型は、「治療によって次の発作が抑えられているもの。慢性持続型は症状が持続するタイプだが、治療により炎症の程度をより軽度にすることや消失させることも可能になった」と日比氏は語る。

図2 潰瘍性大腸炎の病変範囲

潰瘍性大腸炎の病変範囲

編集部作成

表2 潰瘍性大腸炎の臨床的重症度の診断基準
  重症 中等症 軽症
排便回数 6回以上 重症と軽症
との中間
4回以下
顕血便 (+++) (+)〜(-)
発熱 37.5度以上 (-)
頻脈 90/分以上 (-)
貧血 Hb10g/dL以下 (-)
赤沈 30mm/h以上 正常

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業:
潰瘍性大腸炎・クローン病診断基準・治療指針(平成28年度改訂版)
2017を参考に作成

CDや過敏性腸症候群との鑑別 内視鏡検査が有用

診断手順(図3)としては、持続性または反復性の粘血便・血性下痢などがあってUCが疑われるときには理学的検査や血液検査を行い、さらに他の原因による大腸炎を否定するため放射線照射歴、抗菌薬服用歴、海外渡航歴を聴取する。細菌学的検査を行って感染性腸炎を除外することも重要である。次に全大腸内視鏡検査でUCでよくみられるびまん性で連続性の病変を確認する。

図3 診断手順フローチャート

図3 診断手順フローチャート

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業:
潰瘍性大腸炎・クローン病診断基準・治療指針(平成28年度改訂版)
2017を参考に作成

最近、糞便中のカルプロテクチン値が炎症活動マーカーとして注目され、UCやクローン病(Crohn’s disease 以下CD)に対する炎症の程度を知るのに、特異性や感受性に優れているといわれるが、現時点では大腸内視鏡検査にまさるものではない。したがって、日比氏は、非専門医が鑑別に困ったら「大腸内視鏡が可能な施設を紹介すべきだ」としている。
炎症性腸疾患は感染性腸炎や薬剤性大腸炎といった特異的なものとUC やCDのような非特異的なものがある。UCもCDも臨床症状は似ているが、CDは口腔から肛門まで全消化管にとびとびに全層性に肉芽腫を伴う炎症性病変が認められ、UCでは大腸に粘膜表層からはじまる炎症性病変が連続して認められる。
過敏性腸症候群もUCと臨床症状が似ている。日比氏は「とくに下痢型の過敏性腸症候群とUCの軽症例は鑑別が難しい。UCでは血便や粘血便のみられることが多く、専門医が臨床症状など現病歴を聞けばおよその判断はできるが、確実に診断するためには内視鏡検査が必要」と言う。

軽症〜中等症は5-ASA製剤 重症は免疫抑制薬や抗TNFα

UCは医療費助成の対象となる指定難病である。原因不明なので根本治療はないが、炎症を抑制して、長期寛解により日常生活を大きく損なわずに過ごすことが可能になった。しかし、長期間にわたり腸管炎症が続けば大腸がんの発生リスクが高まる。発症から7、8年が経過したら定期的な内視鏡検査が必要であり、「大腸がんの発生リスクを減らす意味でも継続的な寛解維持療法を行うことが重要になる」(日比氏)。
UCの内科治療の原則は活動期には寛解導入療法を、寛解期には寛解維持療法を継続して行う。表2に重症度分類を、表3に薬物療法の指針を示した。寛解導入療法、寛解維持療法いずれにおいても基準となる薬剤は5-ASA製剤(5−アミノサリチル酸:メサラジン)である。UCなどの炎症性腸疾患は、炎症性細胞から放出される活性酸素や免疫細胞で生成されるロイコトリエンなどにより炎症が起こるとされるが、5-ASA製剤の主成分であるメサラジンは活性酸素の除去作用やロイコトリエンの生成抑制作用などで炎症を改善して症状を軽減する。図4にUCにおける各種治療薬・治療法の位置づけを示す。

表3 平成28年度潰瘍性大腸炎治療指針(内科)
寛解導入療法
  軽 症 中等症 重 症 劇 症
全大腸炎型
左側大腸炎型
経口剤:5-ASA製剤
注腸剤:5-ASA注腸、ステロイド注腸

  • 中等症で炎症反応が強い場合や上記で改善ない場合は
    プレドニゾロン経口投与
  • さらに改善なければ重症またはステロイド抵抗例への
    治療を行う
  • 直腸部に炎症を有する場合はペンタサ坐剤が有用
・プレドニゾロン点滴静注

  • 状態に応じ以下の薬剤を併用
    経口剤:5-ASA製剤
    注腸剤:5-ASA注腸、ステロイド注腸
  • 改善なければ劇症またはステロイド抵抗例の治療を行う
  • 状態により手術適応の検討
・緊急手術の適応を検討

  • 外科医と連携のもと、状況が許せば以下の
    治療を試みてもよい。
  • ステロイド大量静注療法
  • タクロリムス経口
  • シクロスポリン持続静注療法
  • 上記で改善なければ手術
直腸炎型 経口剤:5-ASA製剤
坐 剤:5-ASA坐剤、ステロイド坐剤
注腸剤:5-ASA注腸、ステロイド注腸     ※安易なステロイド全身投与は避ける
難治例 ステロイド依存例 ステロイド抵抗例
免疫調節薬:アザチオプリン・6-MP

  • (上記で改善しない場合):血球成分除去療法・タクロリムス経口・インフリキシマブ点滴静注・アダリムマブ皮下注射を考慮してもよい
中等症: 血球成分除去療法・タクロリムス経口・インフリキシマブ点滴静注・アダリムマブ皮下注射
重 症: 血球成分除去療法・タクロリムス経口・インフリキシマブ点滴静注・アダリムマブ皮下注射・
シクロスポリン持続静注療法
  • アザチオプリン・6-MPの併用を考慮する
  • 改善がなければ手術を考慮
寛解維持療法  
  非難治例 難治例
5-ASA製剤(経口剤・注腸剤・坐剤) 5-ASA製剤(経口剤・注腸剤・坐剤)
免疫調節薬(アザチオプリン、6-MP)、インフリキシマブ点滴静注**、アダリムマブ皮下注射**

* :現在保険適応には含まれていない、**:インフリキシマブ・アダリムマブで寛解導入した場合
5-ASA経口剤(ペンタサ®顆粒/錠、アサコール®錠、サラゾピリン®錠、リアルダ®錠)、5-ASA注腸剤(ペンタサ®注腸)、5-ASA坐剤(ペンタサ®坐剤、サラゾピリン®坐剤)、ステロイド注腸剤(プレドネマ®注腸、ステロネマ®注腸)、ステロイド坐剤(リンデロン®坐剤)
※(治療原則)内科治療への反応性や薬物による副作用あるいは合併症などに注意し、必要に応じて専門家の意見を聞き、外科治療のタイミングなどを誤らないようにする。

図4 潰瘍性大腸炎における各種治療薬・治療法の位置づけ

図4 潰瘍性大腸炎における各種治療薬・治療法の位置づけ

潰瘍性大腸炎の皆さんへ 知っておきたい治療に必要な基礎知識:
難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班(鈴木班)p4を参考に作成

5-ASA製剤はpH7以上でメサラジンが放出されるよう設計されたものや、さらに親水性と親油性の基剤中にメサラジンを閉じ込めpH応答性のフィルムをコーティングして大腸全域で持続的にメサラジンが放出されるよう設計されたものがある。他にスルファピリジンとメサラジンがアゾ結合し胃や小腸で吸収されず、腸内細菌によりアゾ結合が切れて大腸でメサラジンが放出されるよう設計されたサラゾスルファピリジン(SASP)があるが、スルファピリジンの影響で尿や汗などの体液が黄色に変色、あるいは可逆的な精子減少症といった副作用を引き起こすことがある。したがって現在は作用機序の異なる3剤の5-…

この記事の冊子

特集

患者に寄り添う「かかりつけ薬剤師」の役割とは?

リード 2016年4月に「かかりつけ薬剤師」制度が導入され、同年10月からは「健康サポート薬局」の届け出がスタートするなど、国民の健康に寄与する薬剤師の役割に期待が集まっています。今後の薬局と薬剤師に求められる業務の意義とは?

患者に寄り添う薬剤師を目指して 「健康サポート薬局」に求められることとは?の画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

潰瘍性大腸炎Part.1 「潰瘍性大腸炎」薬物療法における寛解維持のポイントは?

潰瘍性大腸炎慢性は20歳代をピークに、小児から中高年世代にもみられる炎症性腸疾患 です。潰瘍性大腸炎の根本治療はないが、薬物療法の進歩で患者のQOLは大幅に改善した。長期寛解維持のポイントについて解説します。

潰瘍性大腸炎Part.1  「潰瘍性大腸炎」薬物療法における寛解維持のポイントは?の画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

「潰瘍性大腸炎」服薬アドヒアランス向上のポイントは?

服薬アドヒアランスの低下が多くの症例で疾患増悪の原因となっています。患者のアドヒアランス低下を防ぐための服薬指導の工夫とは?

「潰瘍性大腸炎」服薬アドヒアランス向上のポイントは?の画像
ここに注目!知っているようで知らない疾患のガイセツ

知っているようで知らない 疾患のガイセツ 坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、お尻から太ももの後ろなど、下腿の外側ないし後ろに交差する坐骨神経に沿って発生するしびれや痛みなどの症状を指します。今回は坐骨神経痛について、日本赤十字社医療センター副院長の久野木順一氏に解説していただきました。

知っているようで知らない 疾患のガイセツ 坐骨神経痛の画像
Special Report

緑内障治療で服薬遵守率を高めた阪神調剤薬局の取り組みとは?

新規緑内障患者に対してアンケートを実施し、結果に応じた点眼指導を実施することで初回脱落率の低下を導いた阪神調剤薬局。アンケートを実施したことで、薬剤師、患者双方に起こった変化とは?

新規緑内障患者に薬剤師が介入 アンケートと動機づけで初回脱落率が低下の画像
Special Report

医療・介護の同時改定で変わる地域医療

国は2025年に向けて、地域包括ケアシステムの構築を推進しています。診療報酬・介護報酬の同時改定で日本の医療・介護は大きく変わろうとしているなか、生き残りをかけた施設経営戦略とは?

医療・介護の同時改定で変わる地域医療提供体制の画像
Medical Diagram

「潜在的睡眠不足」の実態とは?

1日の睡眠時間については、個人差が大きいことが知られています。知らぬ間に心身に負担がかかる「潜在的睡眠不足」とは?

睡眠不足の法則の画像
英語で服薬指導

英語で服薬指導 part18(妊婦へのOTCの販売)

外国の患者さんが来局した際に知っておきたい基本的な会話を紹介する本シリーズ。今回は妊婦へのOTCの販売について。「このお薬はお腹の赤ちゃんにも安全です」これを英語で言うと!?

英語で服薬指導 part18(妊婦へのOTCの販売)の画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング