専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

【肺がん】服薬指導、患者教育で工夫していること

2017年4月号
肺がん Part2 個々の患者に対応するため服薬指導、患者教育で工夫していることの画像
肺がんは小細胞肺がんと非小細胞肺がんに大別される。従来のがん治療では手術療法、放射線治療、化学療法が3本柱だったが、肺がん治療ではこれに免疫療法が加わり、新たなステージに入った。今回は、国立がん研究センター東病院 呼吸器内科の梅村茂樹氏に、肺がんの85%を占める非小細胞肺がんの化学療法に関するアップデートな話題を提供していただいた。また、同病院薬剤部の川澄賢司氏には、化学療法の主流ともいえる分子標的治療薬を使用する際に薬剤師が留意すべき点などについて語っていただいた。

Part.2 個々の患者に対応するため服薬指導、患者教育で工夫していること

肺がん患者に留意した服薬指導での工夫

国立がん研究センター東病院薬剤部の川澄賢司氏は、がん専門剤剤師として薬剤師外来で、医師が診察する前に経口抗がん剤治療中の患者への初回服薬指導、継続した薬学的介入を行っている。医師の診察前に患者のアドヒアランスや副作用を聴取して、それに応じた患者教育、医師への支持療法の提案を行う。
Part.1でも触れたが、患者に薬物療法を正しく認識してもらうことが重要である。そのために、薬剤師は注射抗がん剤から経口抗がん剤まで、治療上注意しなければいけないことを知識として身につけておくことが大切だと川澄氏は言う。ゲフィチニブなどEGFR-TKI(EGFRチロシンキナーゼ阻害薬)では、主に皮膚障害と粘膜毒性(下痢や口内炎)が患者のQOLを低下させ、減量や中止になることも多いため、適切に副作用を評価し、的確な対処を心がけているという。
皮膚障害に対しては、外用薬の適切な使用方法を指導するだけでなく、セルフケアについては外来の看護師にも相談して、必要に応じて皮膚科受診を勧める。特にステロイド外用薬は、使用部位によって強弱を考えたり、塗布量や塗布のタイミングなど患者の生活習慣に配慮した指導が継続治療につながる。
一方、免疫チェックポイント阻害薬では、自己免疫関連の副作用(1型糖尿病、大腸炎、甲状腺機能障害)の初期症状について患者教育を徹底する。間質性肺炎の初期症状の説明も大切である。
経口薬の中には食事によって体内動態に影響を与える薬剤も多い。医師と相談して患者の生活リズムに配慮したよりよい内服のタイミングを考えることが大切だ。こうした配慮がアドヒアランスを高めるために重要となる。

特に注意すべき相互作用

EGFR-TKIは肝臓においてCYP3A4で代謝される薬剤が多い。このためCYP3A4に影響を与える薬剤との併用で相互作用が起こる可能性がある。病院でも併用薬は治療開始前に確認しているが、保険薬局においてもどのような患者がどのような薬剤を併用しているか確認することが大切だ。「薬剤師は、薬物相互作用を考慮して、副作用や治療効果に与える影響を予測することが重要です」と川澄氏は言う。また、ほとんどのEGFR-TKIは胃酸分泌抑制薬(H2遮断薬やPPI)との併用で、胃内pH上昇によりEGFR-TKIの吸収が抑制されることが報告されており、可能な限り控えるよう配慮する。
しかし、進行肺がんの患者の多くはがん性疼痛を抱えており、NSAIDsを継続内服している場合は、消化性潰瘍の予防目的で胃酸分泌抑制薬の併用が必要なこともある。リスクとベネフィットを考慮して、注意しながら併用することもしばしばある。川澄氏は「他院での併用薬については把握しきれていない場合もあるので、使用薬剤の薬物相互作用などが考慮される場合は必ず疑義照会をすることが必要です」と話す。

保険薬局薬剤師と病院薬剤師との連携も大切

がんセンターや大学病院などがんを専門に扱っている施設には、がんの専門や認定薬剤師がいることが多い。医師への問い合わせだけでなく、そうした専門薬剤師との連携を通じて、併用薬剤が変更されたときや患者に副作用の可能性があるときなどには積極的に情報提供をしてほしい。EGFR-TKIによる

この記事の冊子

特集

糖尿病のいろいろな疑問に答える

薬剤師さんを悩ます糖尿病薬の選択や使い分けなどについての疑問・質問に対して、東京都健康長寿医療センター内科総括部長(糖尿病・代謝・内分泌内科)の荒木厚氏に解説していただきます。

糖尿病のいろいろな疑問に答えるの画像
特集

パーキンソン治療の今

パーキンソン病は手足が震えたり、動作が緩慢になったりするなど、特徴的な運動機能障害が見られる神経変性疾患です。この20年でさまざまな治療薬が開発され、予後は劇的に改善しました。今回は、村田美穂氏にパーキンソン病の早期診断・治療の解説と服薬指導などについて助言していただきました

パーキンソン治療の今の画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

【肺がん】細胞障害性抗がん剤から分子標的治療薬へ

肺がんは小細胞肺がんと非小細胞肺がんに大別されます。従来のがん治療では手術療法、放射線治療、化学療法が3本柱でしたが、肺がん治療ではこれに免疫療法が加わり、新たなステージに入りました。今回は、肺がんの85%を占める非小細胞肺がんの化学療法に関するアップデートな話題を提供いたします。

【肺がん】細胞障害性抗がん剤から分子標的治療薬への画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

【肺がん】服薬指導、患者教育で工夫していること

今回は、国立がん研究センター東病院薬剤部の川澄賢司氏には、化学療法の主流ともいえる分子標的治療薬を使用する際に薬剤師が留意すべき点などについて語っていただきました。

【肺がん】服薬指導、患者教育で工夫していることの画像
ここに注目!知っているようで知らない疾患のガイセツ

ループス腎炎

ループス腎炎は、自己免疫疾患であり国の指定難病であるSLEによって生じる腎疾患です。かつては多くのSLE患者さんがループス腎炎により腎不全となり、長期入院治療で生活や就業を制限されたりしていましたが、近年はステロイドの使用法の進歩や免疫系に働く新薬の登場もあり、薬物療法によるコントロールで安定した寛解維持が望めるようになっています。

ループス腎炎の画像
Medical Diagram

手指衛生の法則

感染症を防ぐため、医療従事者にとって手指の消毒は欠かせません。従来、感染症対策としては、石鹸と流水による手洗いが推奨されていましたが、CDCが「手の細菌数減少には、アルコールベースの手指消毒剤が最も効果的である。」と明記したことにより、アルコール手指消毒が高く評価されるようになりました。

手指衛生の法則の画像
薬剤師の栄養サポート

食物アレルギーの栄養指導

通常、食べ物は異物として認識しない仕組み(経口免疫寛容)が働きますが、その仕組みに問題があったり、消化・吸収機能が未熟だったりすると食べ物を異物として認識してしまい、アレルギー症状が出ます。このアレルギー症状が2臓器以上に出現した状態をアナフィラキシーと呼び、アナフィラキシーショックの前段階であるため適切な対応が必要とされます。

食物アレルギーの栄養指導の画像
special column

「守れ腎臓」ふじえだCKDネット 藤枝市立総合病院

藤枝市において、2016年3月、市民のCKDの重症化予防を目的とした地域医療連携の取り組み「守れ腎臓!ふじえだCKDネット」がスタートしました。地域の基幹病院である藤枝市立総合病院、志太医師会、藤枝薬剤師会、そして行政がネットワークを構築し、連携してCKDの予防策を進めています。

 「守れ腎臓」ふじえだCKDネット 藤枝市立総合病院の画像
Special Report

災害時の病院機能と薬剤師の役割とは熊本地震における対応と課題

2016年 4月14日に発生した熊本地震は、震度7の揺れを記録し、死者161名、重傷者1,087名の被害を出しました。災害時に病院機能を発揮するためには日頃の訓練が重要です。

災害時の病院機能と薬剤師の役割とは熊本地震における対応と課題の画像
英語で服薬指導

英語で服薬指導 「目が疲れます」

外国の患者さんが来局した際に知っておきたい基本的な会話を紹介する本シリーズ。今回はOTC薬(目薬)について。「目が疲れます。」これを英語で言うと!?

英語で服薬指導 「目が疲れます」の画像

この記事の関連記事

薬歴の達人

人気記事ランキング