Special Report

編集部が選ぶ患者指導箋 糖尿病編

2018年11月号
編集部が勝手に選んだおすすめ患者指導箋糖尿病編の画像
服薬指導の際に欠かせない患者指導箋ですが、製薬企業各社から多種多様な指導箋が配布されていることから、読者のみなさまから「患者指導箋の一覧がほしい」という要望を以前よりいただいていました。そこで、経口糖尿病治療薬について、ファーマスタイル編集部が製薬企業のホームページから会員登録せずにダウンロードできる患者指導箋を調べ、独断と偏見で選んだ「おすすめ患者指導箋」を紹介します。
表 主な糖尿病治療薬別のおすすめ患者指導箋一覧
分類 一般名(販売名) メーカー/資料名 主な掲載内容 寸評
SGLT2 イプラグリフロジン L-プロリン
(スーグラ錠25mg/50mg)
アステラス製薬、寿製薬
「スーグラ錠25mg,
50mgを服薬される患者さんへ」
  1. 治療前の確認事項
  2. スーグラ錠の特徴
  3. 服用時の注意事項(脱水、低血糖、尿路・性器感染症など)
  4. 服用方法
内容はイラストも含めて簡潔でわかりやすくて良い。薬剤の作用に関する説明で、ダムを使った例えがわかりやすい。
カナグリフロジン水和物
(カナグル錠100mg)
田辺三菱製薬、
第一三共
「カナグル錠を服用される方へ」
  1. カナグル錠の特徴
  2. 服用方法
  3. 服用時の注意事項(低血糖、脱水症状、尿路・性器感染症、ケトアシドーシスなど)
副作用・生活上の注意として、主な「4項目」と「その他」に分けて手順よく説明されており、わかりやすい。イラスト・文字なども見やすい。
DPP-4 テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物
(テネリア錠20mg/40mg)
田辺三菱製薬、
第一三共
「テネリア錠を服用される方へ」
  1. テネリア錠の特徴
  2. 服用方法
  3. 服用時の注意事項(低血糖)
  4. 食事・運動療法
低血糖時の対応などに加え、食事・運動療法のポイントが記載されている点が良い。
オマリグリプチン
(マリゼブ錠12.5mg/25mg)
MSD
「マリゼブってどんなお薬?」
  1. マリゼブの特徴
  2. 服用方法
  3. 服用時の注意事項(低血糖)
  4. パッケージの活用方法(服用忘れ防止用)
週1回服用の特徴と飲み忘れ時の対応が簡潔に文章と図でまとめられており、わかりやすい。
オマリグリプチン
(マリゼブ錠12.5mg/25mg)
MSD
「マリゼブ錠は週に1回1錠服用して糖尿病を治療するお薬です」
  1. 服用方法
  2. マリゼブ服用後のアンケート(医師に返信用)
  3. 服用時の注意事項(低血糖)
服用方法と服用時の注意事項を中心にした裏表両面の簡便な指導箋として活用できる。
シタグリプチンリン酸塩水和物
(ジャヌビア錠12.5mg/25mg/50mg/100mg)
MSD
「ジャヌビアを服用される方へ」
  1. 服用方法(服用時間を記載する箇所あり)
  2. 服用時の注意事項(低血糖)
すべての成分規格と用法に対応できるように作られている。原寸大の製剤写真を掲載。服用時間の記載箇所もあり、患者が自身の規格と服用時間の確認ができる。
DPP-4/
ビグアナイド系
ビルダグリプチン、メトホルミン塩酸塩配合剤
(エクメット配合錠LD/HD)
ノバルティス ファーマ
「エクメット配合錠を服用される患者さんとそのご家族へ」
  1. エクメット配合錠の特徴
  2. 服用方法
  3. 副作用(乳酸アシドーシス、シックデイ、消化器症状、低血糖)
「特に注意が必要な副作用」として項目別にまとめてあり、その都度の対処法も記載されているので、わかりやすくて良い。
アログリプチン安息香酸塩、メトホルミン塩酸塩配合剤
(イニシンク配合錠)
武田薬品工業
「イニシンク配合錠を服用される患者さんへ」
  1. イニシンク配合錠の特徴、服用方法
  2. 服用時の注意事項(乳酸アシドーシス、低血糖)
裏表両面の指導箋として簡便。情報量が多いため、患者指導時にはポイントを押さえて説明する方が良い。
DPP-4/
SGLT2
シタグリプチンリン酸塩水和物、イプラグリフロジンL-プロリン配合剤
(スージャヌ配合錠)
MSD、アステラス製薬、寿製薬
「スージャヌ配合錠を服用される患者さんとそのご家族へ」
  1. スージャヌ配合錠の特徴
  2. 服用方法
  3. 服用時の注意事項(低血糖、脱水症状、ケトアシドーシス、尿路・性器感染症など)
  4. 食事・運動療法
2成分の特徴と注意点が簡潔にわかりやすくまとめられている。また、食事・運動療法では、継続に際しては、医師の指示・相談が重要とはじめに説明したうえで、食事・運動のポイントを記載している点が良い。
テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物、カナグリフロジン水和物配合剤
(カナリア配合錠)
田辺三菱製薬、
第一三共
「カナリア配合錠を服用される方へ」
  1. カナリア配合錠の特徴
  2. 服用方法
  3. 服用時の注意事項(低血糖、脱水症状、シックデイ、尿路・性器感染症、ケトアシドーシスなど)
構成はほぼスージャヌ配合錠と同じでわかりやすい。食事・運動療法の具体的なポイント等が記載されていればなお良い。

SGLT2で押さえておきたい5つのポイント

田辺三菱製薬、第一三共『カナグル錠を服用される方へ』の画像

田辺三菱製薬、第一三共『カナグル錠を服用される方へ』

この記事の関連キーワード

この記事の冊子

特集

妊婦がかかる糖尿病「妊娠糖尿病」の実態とは?

妊娠すると女性の体内では胎児を育てるために糖代謝動態に大きな変化が現れます。「妊娠糖尿病」は妊娠中に発症する、糖尿病には至っていない糖代謝異常のことを言います。

妊婦がかかる糖尿病「妊娠糖尿病」の実態とは?の画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

糖尿病患者の服薬指導

糖尿病を発症すると細小血管障害、大血管障害により全身にさまざまな合併症を起こす。治療は合併症の予防とADL(日常生活動作)の維持、QOLの向上を目指して行われます。糖尿病における薬物療法と服薬指導とは?

糖尿病患者の服薬指導の画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

糖尿病患者のアドヒアランス向上の決め手は?

糖尿病では、患者自身が糖尿病についての理解を深め、定期的に検査を受けて血糖や血圧、脂質、肥満がコントロールできているかを確認する必要があります。血糖コントロールの不良例は、薬剤師が服薬状況を把握しコントロール不良の原因を見極めなければなりません。

糖尿病患者のアドヒアランス向上の決め手は?の画像
ここに注目!知っているようで知らない疾患のガイセツ

知っているようで知らない 疾患のガイセツ 閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症は、「歩くと足が痛い」という症状から下肢のみに関する疾患と認識されがちですが、動脈硬化に起因する全身疾患として捉えるべき疾患です。今回は重松邦広氏に、糖尿病など動脈硬化性疾患との関連も含めて解説していただきました。

知っているようで知らない 疾患のガイセツ 閉塞性動脈硬化症の画像
Medical Diagram

クマゼミの羽に隠された驚くべき作用とは?

クマゼミの羽の構造をまねて、強力な抗菌効果がある材料を作り出すことに、関西大学システム理工学部のチームが世界で初めて成功しました。セミの羽と抗菌材がどのように関係しているのでしょうか。

クマゼミの羽に隠された驚くべき作用とは?の画像
Special Report

骨粗鬆症患者のための電子薬歴システムの活用とは?

骨粗鬆症治療の中心は薬物療法だが、患者は痛みなどの自覚症状がないことも多く、1年で約半分は脱落するとされ、治療の継続が課題になっている。

骨粗鬆症患者のための電子薬歴システムの活用とは?の画像
Special Report

編集部が選ぶ患者指導箋 糖尿病編

服薬指導の際に欠かせない患者指導箋。製薬企業各社から多種多様な指導箋が配布されています。編集部が独断と偏見で選んだ「おすすめ患者指導箋」をご紹介します。

編集部が選ぶ患者指導箋 糖尿病編の画像
Early Bird

急性骨髄性白血病の最新治療

急性骨髄性白血病は高齢者で多く発症することが知られている。死亡率が高く、治療選択肢はほとんどないのが現状だ。現状の課題と最新治療について、腫瘍内科教授の三谷絹子氏の講演をお届けします。

急性骨髄性白血病の最新治療の画像
韓国語で服薬指導

服薬指導:1日3回毎食後1錠お飲みください

韓国人の患者さんが来局した際に知っておきたい基本的な会話を紹介する本シリーズ。今回は服薬指導について。「1日3回毎食後1錠お飲みください」。これを韓国語で言うと!

服薬指導:1日3回毎食後1錠お飲みくださいの画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング