本田先生のHealthy Days

紫外線の不足でビタミンD欠乏に?

2018年9月号
紫外線の不足でビタミンD欠乏に?の画像

紫外線の不足でビタミンD欠乏に?

最近の日本人女性は「白い肌」を好み、紫外線が引き起こすシミやシワを防ぐために、日焼け止めクリームをしっかり塗り、“UVカット”対応のスキンケア商品を使い、肌対策は万全!!とカラダの外側のケアで安心されている方が多いようです。けれども、大事なカラダの内側のケアは? …大丈夫ですか?
紫外線を過度に浴びることは、活性酸素を発生させ、肌の老化を早めたり、皮膚がんになるリスクが上がりますから、よいものではありません。しかし、気にし過ぎ、浴びなさ過ぎは禁物なのです。
昨年、大阪樟蔭女子大学などの研究チームの調査*1で、20歳代女性が週に3回以上日焼け止めを塗った場合、血中のビタミンD濃度が欠乏状態にあることが明らかになりました。日焼け止めを毎日しっかり塗っている方はビタミンD欠乏の可能性があるのです。さらに、胎児の骨量が増加する妊娠後期が太陽紫外光の弱い冬季であった4~5月出生の赤ちゃんに、特に頭蓋ろうの頻度が高いという結果が示されていること*2から、夏ごろに妊娠中期の方は、秋から冬にかけてビタミンD不足にならない生活を心がけることがとても大切です。
ビタミンDは、免疫力を高めるほか、高血圧、結核、がん、歯周病、多発性硬化症、冬季うつ病、末梢動脈疾患、自己免疫疾患などの疾病との関連が報告されています*3。さらに、ビタミンDによってカルシウムやリンが体内に吸収され、骨にカルシウムが貯金されますので、ビタミンDが不足すると骨は弱くなるのです。

日光と食事とサプリで目標1日10μg

では、体内のビタミンDを十分な量にするためには、具体的にどうすればよいのでしょうか。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、成人のビタミンDの摂取目安量は、1日最低5・5μg、上限50μgを推奨しています。一方、医学的には10〜20μg/日という考え方もありますから、まずは10μ…

この記事の関連キーワード

この記事の冊子

特集

漢方の基礎と臨床 漢方の基本的な考え方

医師の8割が処方しているといわれる漢方薬。薬剤師にとっても身近な薬剤となっています。しかしながら、漢方医学独特の診断法や薬剤選択に戸惑うことがあるという声もよく聞かれます。

漢方の基礎と臨床 漢方の基本的な考え方の画像
特集

漢方の基礎と臨床 産婦人科における漢方薬の使い方

いまや高齢者医療や緩和ケアなどでも欠かせない存在になっている漢方薬について、産婦人科での使い方を学びます。

漢方の基礎と臨床 産婦人科における漢方薬の使い方の画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

卵巣がんPart.1 卵巣がん治療のポイントは?

日本では、年間約9,000人が卵巣がんに罹患、約5,000人が死亡しています。確立された検診方法がなく、初期症状も乏しいため早期発見が難しいとも言われています。卵巣がん治療のポイントは?

卵巣がんPart.1 卵巣がん治療のポイントは?の画像
専門医+エキスパートに聞くよりよい服薬指導のための基礎知識

卵巣がんPart.2 卵巣がんの治療において薬剤師に期待されることとは?

薬剤師には、治療方針や病期など患者の状況を理解したうえで、患者の生活に即したアドバイスを行うことが求められます。卵巣がん治療の服薬指導において薬剤師に求められることとは?

卵巣がんPart.2 卵巣がんの治療において薬剤師に期待されることとは?の画像
エキスパートクイズ

卵巣がん|答えて学ぼうエキスパートクイズ

「卵巣がん」について正しく理解できていますか?クイズで確認してみましょう。

卵巣がん|答えて学ぼうエキスパートクイズの画像
Medical Diagram

「不死」も当たり前!? 生物界の寿命の法則

人間以外の哺乳類や鳥類、魚類などの動物には必ず死が訪れますが、太古の原始生命には寿命というものはありませんでした。生物界全体をみわたすと、寿命があるものはむしろ少数派。動物でも海綿動物や腔腸動物、扁形動物では寿命のないものも多くいます。

「不死」も当たり前!? 生物界の寿命の法則の画像
Special Report

がん薬物療法における保険薬局薬剤師の役割とは?

外来がん治療認定薬剤師のうち保険薬局薬剤師の人数は全体の約5%に過ぎません。日本臨床腫瘍薬学会では、外来がん治療認定薬剤師を取得している保険薬局薬剤師にアンケートを行い、がん患者さんへの薬学的ケアの内容や、認定取得のメリット、薬薬連携の状況などを調査しました。

がん薬物療法における保険薬局薬剤師の役割とは?の画像
Early Bird

生物学的製剤によって患者QOLが向上

自己免疫疾患の治療は診断技術や治療薬の開発によってこの10年で大きく進歩してきました。関節リウマチ、消化器領域、皮膚科領域の各専門医が自己免疫疾患治療における生物学的製剤の役割や将来展望について講演しました。

生物学的製剤によって患者QOLが向上の画像
韓国語で服薬指導

韓国語で服薬指導 健康保険証をお持ちですか?

韓国人の患者さんが来局した際に知っておきたい基本的な会話を紹介する本シリーズ。今回は健康保険証の確認について。「健康保険証をお持ちですか?」。これを韓国語で言うと!?

韓国語で服薬指導 健康保険証をお持ちですか?の画像
本田先生のHealthy Days

紫外線の不足でビタミンD欠乏に?

本田先生が女性の健康をテーマに語るHealthyDaysシリーズ。今回は、ビタミンD不足について解説します。ビタミンDは、免疫力を高めるほか、高血圧、結核、がん、歯周病、多発性硬化症、冬季うつ病、末梢動脈疾患、自己免疫疾患などの疾病との関連が報告されています。

紫外線の不足でビタミンD欠乏に?の画像

この記事の関連記事

人気記事ランキング